週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

亜細亜大6連覇へ前進中 止めるのは拓殖大しかない!?

 第4週に行なわれた、亜細亜大と駒澤大の首位攻防戦。

 1回戦、亜細亜大は、今秋のドラフト上位候補である右腕・山崎康晃(4年・帝京高)を先発に立てるも、不調で5回に一挙4点を奪われ逆転を許した。しかし、駒澤大の絶対エース・今永昇太(3年・北筑高)を相手に、序盤から球数を投げさせる作戦が功を奏し、中盤の6回に今永の左足ふくらはぎがつるくらい体力を削った。8回まで148球を投げさせると、9回には投手交代。代わった駒澤大・2番手の片山雄貴(3年・福工大城東高)を攻め、最後は北村祥治(3年・星稜高)のタイムリーで勝ち越し、亜細亜大が5-4の逆転勝ち。

 2回戦では北村のスクイズで6回に亜細亜大が勝ち越すと、8回には遠藤雅洋(3年・聖光学院高)の3ランでダメ押しし、6-1で快勝。亜細亜大が勝負強さを見せ、駒澤大を一蹴した。

 4週を終え、ここまで勝ち点を失っていないのは、戦後史上初の6連覇を目指す亜細亜大のみと、「今季も亜細亜か」という空気が漂ってきた。

 だがここで私は、 次戦の第6週(5月13日からの予定)で 亜細亜大と対する拓殖大に期待したい。

 昨年、春季および秋季リーグ合わせ19勝4敗という「戦国東都」の中では突出した成績を残した亜細亜大だが、春秋ともに苦しんだのが、前季3位と戦う「第6週」の試合。

 春季では駒澤大に1勝2敗と敗れて勝ち点を落として連覇に黄信号が灯り、秋季では國學院大に大苦戦。全3試合すべてが2点差以内という息詰まる展開の中、なんとか3回戦で勝ち点を奪い5連覇を決めたのだった。

 その第6週で亜細亜大と対する拓殖大は、昨年の4年生3人で組んでいたクリーンアップがごっそり抜けた。そのため今季はオープン戦から貧打が続き、開幕週で駒澤大から1勝は挙げたものの、2カード連続で勝ち点を落としていた。しかし先週(第4週)の中央大戦でついに打線が爆発。

 1回戦で9安打5得点を奪うと、2回戦では13安打9得点を奪い快勝。名将・内田俊雄監督に育てられた投手陣も佃勇典(4年・広島商高)と尾松義生(3年・明徳義塾高)を中心に粘り強い投球を続けている。

 拓殖大が上り調子、そして粘り強い戦いができている点に加え、捕手の杉原賢吾(2年・明徳義塾高)が頼もしい。


▲亜細亜大戦でカギを握る拓殖大のエース・佃勇典(写真左)と正捕手の杉原賢吾(写真右)※2013年撮影

 1年春からいきなりレギュラーを掴むと、チームは創部史上初の1部昇格を達成。明徳義塾中学、高校でも1年生からレギュラーで、野球人生でほとんど“控え”という経験が無いというだけあって、先輩に対してもはっきりとモノが言える。

「後輩という感じがしない」(宮城慎之介[4年・滋賀学園高])

「上下関係なく、言うべきことをしっかり言える」(福永雅之[4年・神村学園高])

「自分は捕手に引っ張ってほしいタイプなので、そこがいいです」(佃勇典)

 と、先輩投手陣の信頼も厚い。

 初の1部となった昨秋に苦しんだ打撃(打率.083)も、今季は第4週を終えてリーグ5位となる打率.385を残しており好調。その物怖じしない性格そのままに王者・亜細亜大にぶつかってほしい。

 第5週となる今週は現在2位の駒澤大と3位の國學院大が優勝争い生き残りをかけ戦う。このカードの結果次第では、第6週の亜細亜大vs拓殖大に、亜細亜大の優勝がかかる可能性もあるが、拓殖大がこのカードを取れば「戦国東都」の名の通りの混沌とした優勝争いへもつれ込む。その可能性を秘めた拓殖大の戦いにも要注目だ。

▲主将の村岡健次郎(4年・志学館)。“粘りの拓大”の象徴するように、開幕週の駒澤大戦では、相手エース・今永に村岡1人で40球近くを投げさせた。


■ライタープロフィール
高木遊(たかぎ・ゆう)/田中将大世代の1988年生まれ。幼少時よりスポーツ観戦に勤しみ、大学卒業後にライター活動を開始。主に東都大学野球を中心とした首都圏の大学野球を取材。その他のアマチュア野球をはじめ、ラグビーやアイスホッケー、ボクシング、柔道なども取材領域とする。ナックルボールスタジアム主催のイベント「TOHKEN〜東都大学リーグ野球観戦研究会〜」でも活躍。
高木遊の『熱闘通信』随時更新中(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/buaka/)。twitter(@you_the_ballad)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方