週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

ビデオ判定&チャレンジ制度……審判という“人”がさばくから野球は面白い!


 昨年の9月12日、甲子園球場で行われた阪神対広島の一戦。田中広輔(広島)の大飛球をめぐる誤審は、コミッショナーが異例な謝罪会見を開くなど、審判団にとって重大なミスとなってしまった。そもそも「審判の裁定が最終のもの」となされている中で、「誤審」と認めたことも話題になった。

 日本プロ野球機構が2010年に採用したビデオ判定をしても防げないミスジャッジ。この試合で勝利できなかった広島は、阪神に0.5ゲーム差でクライマックスシリーズ(CS)進出を逃すことになり、皮肉にも事の重大性が際立つことになってしまった。

「人がさばく時代から、デジタルで記録を残して“さばく”時代へ」

 他のスポーツにおいても、あらゆる場面でハイテク機器を活用し、デジタルで判定及び検証が行われるようになってきている。


ハイテク機器がもたらすもの


 誤審については、日本のプロ野球界だけでなく、メジャーリーグでもその対策が強化されてきた。

 2014年から導入されたチャレンジ制度は、数億円のハイテク機器を使い、可能な限り公平なジャッジを目指す。

 導入後、毎日のようにチャレンジの権利が行使され、審判の判定が覆るケースが続出している。

 ただし、チャレンジが行使されると、ファンが楽しみにしているベースボールは一時中断。ハイテク機器対審判のジャッジ対決をファンは否応にも見せられることになる。

 そして審判はこの戦いに負けると、あたかも判定能力がない駄目な奴として罵声を浴びせられるのだ。そこにはもう、審判として長年鍛錬を積んだ功績はすべて消え去り、屈辱感のみが襲いかかることになる。


人が判定すればミスは起こって当たり前


 ベースボール発祥の地・アメリカでは、最初の審判は神父様が勤めたとされている。

 当時、神父様のジャッジが常に的確であったとは思えないが、判定に左右されることなく、ベースボールが楽しまれていたであろうことは、想像に難くない。判定に抗議するものなど、誰もいなかったのだ。

「いつの時代も人が判定すればミスは必ず起こる」

 もし正確な判定だけを求めるならば、ハイテク機器への投資額は莫大なものになるが、人である審判をすべて排除しゲームを行えばよい。

 IoT(モノをすべてインターネットにつなげる)の技術を使えば将来不可能なことではないであろう。


人がさばくからドラマが生まれる


 日本プロ野球界で長年審判として活躍された平光清氏(故人)が以下のような言葉を残されている。

「人間が行うプレーを人間がさばいていくからドラマが生まれる」

 渾身の力を込めて投げる気持ちの入ったボールが、ベース上から少し外れているように見えても、球審はストライクをコールすることがある。

「選手と選手が気持ちでぶつかり合う」

 これも野球の醍醐味だ。この気持ちの勝ち負けは、どんな高価なハイテク機器でも見抜けない。

 審判と言う“人”がさばいてこそ、成せる技なのだ。


文=まろ麻呂
企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子供のころから愛してやまない野球を、鋭い視点と深い洞察力で見つめる。「野球をよりわかりやすく、より面白く観るには!」をモットーに、日々書き綴っている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方