週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

オコエの本格デビューで高額年俸選手たちがビビる!? 高額年俸選手コスパレース!!

 10週目を迎える「オコエポイント」バトル。高額年俸選手たちのコスパで勝手にレース!


≪1オコエ=1000万円≫
※実際のオコエの年俸は1200万円だが、便宜上1000万円で計算

 という単位を勝手に設定し、コスパ、オコエとの活躍度の差を競っている。現在、レースに参加しているのは、以下の選手だ。

★投手
黒田博樹=60オコエ
金子千尋=50オコエ
和田毅 =40オコエ
山口鉄也=32オコエ
平野佳寿=30オコエ
涌井秀章=22オコエ

★野手
中村剛也=41オコエ
鳥谷敬 =40オコエ
内川聖一=33オコエ
村田修一=30オコエ
糸井嘉男=28オコエ
柳田悠岐=27オコエ

 選手名の横にある≪◎オコエ≫は年俸を表す。金子であれば、50オコエ=5億円。つまり、オコエ50人分の資本をもって、雇われているわけだ。

 彼らがいかほどのパフォーマンスを見せるのか。オコエ何人分の活躍をするのか。そんな、おせっかいなレースである。


★★先週の高額年俸ニュース★★

 本企画のメインテーマである“オコエバトル”。そのオコエがついに1軍に帰ってきた!

 これまでオコエとの活躍を比較する“オコエ比”は、1軍で活躍する高額年俸選手たちが数字を伸ばし放題だったが、オコエの1軍昇格で状況は一変。オコエの数十倍の年俸をもらう高額年俸選手としては、1週間の戦いでも負けられないはずだ。

 また、内海哲也(年俸40オコエ)が復活のノロシ。1軍昇格から2戦連続で敗戦投手となり、正真正銘の崖っぷちとなったが、6月1日のオリックス戦で6回無失点勝利を挙げ、何とかクビの皮一枚のところで結果を残した。逆風の中、完全復活なるか?

 その他、巨人・阿部慎之助(年俸32.6オコエ)も1軍復帰。先週は6試合で早くも2本塁打を放ち、格の違いを見せつけている。出遅れた分だけではなく、ギャレットの穴も埋められるか?


 さて、先週の高額年俸選手のコスパランキングも見てみよう。オコエ比にはどんな動きが!?


≪活躍に応じて獲得できるポイント≫

【投手】
1勝=10pt
1QS=10pt
1ホールドまたは1セーブ=10pt

※リリーフでの勝利はノーカウント

【野手】
(塁打数+四死球+盗塁)pt

 このポイントを元に、1pt獲得あたりオコエ何人分のコストがかかるのか、オコエ何人分の活躍をしているのか(オコエ比)を測る。

※順位は1ptあたりのオコエ=コスパ順 成績は6月5日時点


★オコエ比基準

オコエ瑠偉[年俸1オコエ]

【1軍成績】塁打数5+四死球1+盗塁2=8pt
<6月5日現在、8ptでオコエ1人分の活躍>

 5月29日の日本ハム戦で、ついに1軍再スタートを切ったオコエ。5月31日の阪神戦では9番センターでスタメン起用されると、プロ初安打を含む2安打を放った。先週は6試合中5試合スタメンで18打数4安打1盗塁。6ポイントを獲得した。

★投手オコエptランキング

≪1位≫(→)
涌井秀章[年俸22オコエ]


11登板5勝2敗9QS=140pt
1勝あたり→4.40オコエ

1ptあたり:年俸22オコエ÷140pt=0.16オコエ
オコエ比:140pt÷8pt=オコエ17.5人分の活躍

 6月3日のDeNA戦では7回2失点(自責点1)にまとめたものの、打線の援護なく敗戦投手に。これで3連敗。春先は援護点に恵まれたが、予想外の「無援護」には困るばかりだ。4月29日以来の勝ち星を取りたい。

≪2位≫(→)
平野佳寿[年俸30オコエ]


22登板1勝3敗5H11S=160pt
1Hあたり→6.00オコエ
1Sあたり→2.72オコエ

1ptあたり:年俸30オコエ÷160pt=0.19オコエ
オコエ比:160pt÷8pt=オコエ20人分の活躍

 先月は登板間隔が開いていたが、先週は3登板。ヤクルト戦では2戦連続で回を跨いで連続セーブ。ここ6戦失点なしで調子はかなり上向いている。

≪3位≫(↑)
山口鉄也[年俸32オコエ]


25登板0勝2敗12H1S=130pt
1Hあたり→3.56オコエ
1Sあたり→32オコエ

1ptあたり:年俸32オコエ÷130pt=0.24オコエ
オコエ比:130pt÷8pt=オコエ16.25人分の活躍

 先週は5月31日〜6月1日のオリックス戦で左のワンポイントを2連続で成功させると、翌日は1.1回を無失点。6月4日の日本ハム戦では連投の澤村拓一に代わってストッパーを務め、セーブも記録。40ポイントを荒稼ぎして3位に浮上した。

≪4位≫(↓)
和田毅[年俸40オコエ]


10登板6勝2敗6QS=120pt
1勝あたり→6.66オコエ

1ptあたり:年俸40オコエ÷120pt=0.33オコエ
オコエ比:120pt÷8pt=オコエ15人分の活躍

 破竹の3連勝中だった和田だが、6月1日の中日戦では5回5失点(自責点2)で降板。松田宣浩のエラーのあとに平田良介に3ランを打たれたのが痛かった。

≪5位≫(↑)
金子千尋[年俸50オコエ]


11登板3勝4敗8QS=110pt
1勝あたり→16.7オコエ

1ptあたり:年俸50オコエ÷80pt=0.45オコエ
オコエ比:110pt÷8pt=オコエ13.75人分の活躍

 6月2日の巨人戦では8回4失点(自責点3)で敗戦。しかし、安定の投球でコツコツとQSの10ポイントを溜めており、黒田博樹(広島)を抜いて、再度最下位を脱した。

≪6位≫(↓)
黒田博樹[年俸60オコエ]


10登板4勝3敗6QS=100pt
1勝あたり→15オコエ

1ptあたり:年俸60オコエ÷100pt=0.60オコエ
オコエ比:100pt÷8pt=オコエ12.5人分の活躍

 短期離脱から復帰後も安定した投球を続けていた黒田だが、6月3日のソフトバンク戦では柳田悠岐→内川聖一→松田宣浩のクリーンアップに3連続ホームランを浴びるなど、らしくない安定感を欠いた投球で7回5失点。高齢ではあるが最高年俸者として、もっと突き抜けてほしい。

★野手オコエptランキング

≪1位≫(→)
柳田悠岐[年俸27オコエ]


塁打数97+四死球60+盗塁8=165pt

1ptあたり:年俸27オコエ÷165pt=0.16オコエ
オコエ比:165pt÷8pt=オコエ20.63人分の活躍

 先週は黒田博樹(広島)から奪った3連発の皮切りとなるなど、計14ポイント獲得。ぶっちぎりの1位をキープしている。

≪2位≫(→)
糸井嘉男[年俸28オコエ]


塁打数94+四死球25+盗塁15=134pt

1ptあたり:年俸28オコエ÷134pt=0.21オコエ
オコエ比:134pt÷8pt=オコエ16.75人分の活躍

 先週後半のヤクルト戦では3戦連続マルチ安打。3盗塁の機動力も見せ、柳田悠岐(ソフトバンク)を猛追している。今季は盗塁王争いにも期待。

≪3位≫(→)
内川聖一[年俸33オコエ]


塁打数95+四死球25+盗塁2=122pt

1ptあたり:年俸33オコエ÷122pt=0.27オコエ
オコエ比:122pt÷8pt=オコエ15.25人分の活躍

 先週は全6試合で安打を放つなど好調をキープ。しかし、上の2人を追うには「ターボ」が必要だ。

≪4位≫(→)
村田修一[年俸30オコエ]


塁打数86+四死球15+盗塁1=102pt

1ptあたり:年俸30オコエ÷102pt=0.29オコエ
オコエ比:102pt÷8pt=オコエ12.75人分の活躍

 コツコツと仕事をしているものの、土日の無安打が響き、ポイントは大きく伸ばせず。9ポイントの上乗せに終わった。

≪同率5位≫(→)
中村剛也[年俸41オコエ]


塁打数99+四死球24+盗塁0=123pt

1ptあたり:年俸41オコエ÷123pt=0.33オコエ
オコエ比:123pt÷8pt=オコエ15.36人分の活躍

 先週前半のDeNA戦では3戦で7安打の大爆発。交流戦キラーの底力を見たが、後半の阪神戦では一転ベンチスタート。度重なるケガの影響で守備に就けず、DH制のないセ本拠地では今後も代打要員になることが濃厚だ。バットは絶好調だけに痛い。

≪同率5位≫(↑)
鳥谷敬[年俸40オコエ]


塁打数76+四死球37+盗塁7=120pt

1ptあたり:年俸40オコエ÷120pt=0.33オコエ
オコエ比:120pt÷8pt=オコエ15人分の活躍

 先週もしぶとさを見せ、8安打。土曜日の西武戦では猛打賞を放ったが、翌日の6打数0安打がもったいなかった。それでも3盗塁を上乗せし、気がつけば中村剛也(西武)と同率の5位に浮上。最下位を這いずり回るかと思っていたが、やはり高額年俸スターは踏ん張りが違うのだ。

 ちなみに阪急阪神HDの株主総会は14日。恒例の「株主からの槍玉」に挙げられないよう、今週は気合の入れドコロだ。



文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方