週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

石川の有望選手、大会展望

7月12日〜27日(石川県立野球場ほか)

注目の左腕 ・ 山下は打でもスター性あり
金森監督率いる金沢学院東が新たな刺激


投手編

▲岩下大輝(星稜)


聖地が岩下を一回り大きくした

 プロ注目の岩下大輝(星稜)は、最速145キロのストレートを武器に、スライダー、カーブ、フォーク、ツーシームなど、変化球の制球も安定。今春は遊学館戦で毎回の17奪三振と大人の投球を見せ、昨夏の聖地・鳴門戦での9失点7回降板の面影はもうない。

 県内一の左腕・山下亜文(小松大谷)は躍動感としなやかさを兼ね備え勝負度胸も驚異的。三振を奪えるスライダーで的を絞らせない。小松大谷には、三振の取れる木村幸四郎、タテのカーブが武器の石田翔一の両左腕も控える。

 凄みといえば梶田将貴(日本航空石川)。ダイナミックなフォームから打者の手元で伸びる球筋に夏への期待がふくらむ。

 遊学館は冷静なマウンドさばきの本定史好、打ち気をそらす牧井公輔、球質の重い秘密兵器・小孫竜二など、投手陣が充実。

 絶対的エース不在の金沢。経験豊富な羽部圭汰郎、成長著しい竹田和真、復調が期待される西居直紀らに殻を破った姿を期待したい。

 21世紀枠候補選出の原動力になった頭脳派左腕・近藤諒馬(羽咋)はテンポよく試合を作る。昨秋Vの津幡・宮前遥は、上半身にパワーがあるが故障の回復がカギ。平田椋大(大聖寺)は冷静沈着で凡打の山を築き、木引佑哉(小松工)は丁寧に低めをついて打たせてとる。

 屋名池一哉(北陸学院)は金森栄治監督率いる金沢学院東を完封。その金森監督を男にできるかは工藤隆朗の右腕に託されている。不気味な存在は南直樹(石川高専)。大物食いの可能性を秘める。

打者編

▲山下亜文(小松大谷)


右の廣橋・左の山下が注目株

 打者としてもセンス抜群の山下亜文は柔軟性があり、タイミングをずらされてもとらえられる打撃に加え、外野守備で見せる規格外の本塁返球など、スター性も十分。小松大谷は腰の入ったスイングの宮口昇、左の好打者・西田将太、適応力ある鈴木研志も要を務める。中でも西田は今春の星稜戦で、岩下大輝の内角低めのストレートを腕をたたんで三遊間を破る適時打を放った。

 遊学館は廣橋敬大の存在が大きい。球を呼び込みながら下半身をより強く使える適応力が魅力で、県ナンバーワンの右打者だ。このほか好捕手・高本康平のインサイドワーク、ライン際の魔術師・喜多蓮太郎の守備も見逃せない。

 星稜には巧打者が目白押しだ。シャープな振りの相原大也、つなぎ役ながら長打力もある中村勇人、投手も務め状況に応じた打撃に磨きをかける谷川刀麻。また、チーム内のレベルアップを図るため、今村春輝と村上千馬が熾烈な4番争いを展開している。

 芳野了哉(日本航空石川)は独特なフォームからタイミングを図り、地を這うライナーを連発。春の大会22打数11安打とスキがない。

 今一つ元気のない金沢だが、守備の要・國谷翔汰、パンチ力ある金村竜也、思い切りいいスイングで野球好きの雰囲気漂う天然素材・岩井一平の奮起に期待したい。

 この他、サク越え可能なパワーの亀井大希(鵬学園)、内角を上手にさばく西山侑斗(小松商)、強打で中軸を担う焼山光輝(金沢桜丘)といった原石にも注目だ。

大会展望
3強を崩す小松大谷の勢い


星稜、金沢、遊学館の3強勢力図が今年は崩れそうだ。加賀の小松大谷、能登の日本航空石川、鵬学園の台頭が目立ち、全体的に実力は拮抗している。星稜はプロ注目の絶対的エース岩下が健在。遊学館は熾烈なレギュラー争いでタレントが豊富。秋に3強を倒して勢いに乗る小松大谷が今大会の目玉といえる。チャンスを確実に生かす堅実な金沢。金森監督率いる金沢学院東や昨秋Vの津幡も黙ってはいない。公立校も実力をつけており、初戦から熱戦が期待される。


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方