週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

秋吉亮vsバレンティン! デニングが中堅!? ヤクルトファン的WBC名場面はコレ!


 2017WBCはアメリカの初優勝で終わりを告げた。日本は惜しくも準決勝で敗れたが、熱い戦いぶりで野球ファンに大きな感動を与えてくれた。

 ちなみに、ヤクルトファンの筆者としては秋吉亮の快投、バレンティンのベストナイン選出、ロマン、ラルー、デニングといった元燕戦士たちの出場など多くの希望も受け取った。

 今回は筆者が現地観戦した東京ドームでの日本代表戦6試合から「ヤクルトファン的WBCの名場面in東京ドーム」を取り上げたい。

これぞ真剣勝負! 見たくないけど見たかった!


 まずは誰がなんと言おうとこの場面しかない。2次ラウンド初戦となった日本とオランダの一戦で「その瞬間」が訪れた。

 6対5と日本が1点リードして迎えた7回裏2死一塁。打者・バレンティンの場面で松井裕樹(楽天)に代わって秋吉がマウンドに登った。ついに秋吉対バレンティンが実現。

 この対決にはヤクルトファンだけでなく、東京ドームもスタンド全体が盛り上がり、一塁側内野席で見ていた筆者も身震いした。左右に目を向けると両隣の観客も興奮していた。

 大会前、秋吉は「バレンティンは外角へのスライダーでいつも打ち取られている」と語っていた。その言葉通り、初球から秋吉は外角へのスライダーを2球続ける。

 しかし、バレンティンは手を出さない。3球目のスライダーをファウルされ、4球目はインハイへのストレートを投じ、これもファウル。5球目を放る前に捕手・小林誠司とのサイン交換で秋吉は首を2度振った。勝負球に選んだのは伝家の宝刀・スライダーではなく、チェンジアップ。外角低めに決まった渾身の一球にバレンティンは空振り。秋吉が勝利した瞬間だった。

 この勝負の後、両者は笑顔で言葉を交わしている。どういう言葉を交わしたのかはわからない。しかし、あの笑顔から察するに称え合っていたのだろう。この場面が全6試合行われた東京ドームで最も印象に残ったシーンだった。

 この試合は延長タイブレークの末に8対6で日本が勝利。日付が変わる直前に試合が終わったたが、筆者は最後まで戦いを見届け、無事終電に乗ることができたこともつけ加えておく。

 ちなみに終電に間に合った要因は、10回表に日本が2点を奪った直後、山田哲人(ヤクルト)が併殺打となり、日本の攻撃がサクッと終わったからだろう……。

もう幻はいらない! 山田の完璧な一発!


 2次ラウンドの初戦まで波に乗れず、話題となったのは1次ラウンド・キューバ戦での「幻の本塁打」のみだった山田哲人。「2年連続トリプルスリー男」がこのままで終わるはずがないと思いつつも、どこか不安を拭えなかった。その不安を払拭してくれたのが2次ラウンド・2戦目のキューバ戦だ。

 1回裏、先頭打者の山田は幻になりようがない文句なしの先制本塁打を放つ。この試合、筆者は左翼スタンドで観戦していたが、席から10メートルと離れていない位置に着弾し、周囲は大騒ぎとなった。

 そして終盤の8回裏には勝負を決める2点本塁打。この本塁打で8対5とキューバに3点差をつけ勝利を手繰り寄せた。この試合も最後まで見届け無事に帰宅できたが、山田が初戦のオランダ戦と同じようにバットで早く帰れるようにしてくれたのだ(と思っている)。

 山田はこの一戦で息を吹き返し、続くイスラエル戦でも2安打を放つ活躍。準決勝進出に貢献した。


中堅・デニングの衝撃


 2015年のシーズン途中にBCリーグ・新潟アルビレックスBCからヤクルトにやってきたデニング。大活躍とはいかなかったが、バレンティンが不在の中で一定の活躍を見せ、人気を博していた。

 つば九郎のボブルヘッド配布デーでもあった6月のロッテ戦で見せた満塁本塁打は、今も目に焼き付いている。そして左翼に就いていたが、危なっかしい守備だったことも当然覚えていた。

 しかし、WBCでは守備に不安のあるデニングがオーストラリア代表の中堅を守っていたのだ。オーストラリア戦では、ヤクルトファンの筆者が通常では立ち入ることのない東京ドームの右翼スタンドで観戦していたが、右前方に見えるデニングの姿に懐かしさを覚えた。

 WBCでは打撃が振るわなかったデニングだが、この試合では4回飛んできた打球を無難に処理していた。しかも、そのうち3回の打球はかつての同僚・山田哲人が放ったものだった。

 山田の打球をデニングが処理するという光景を3度目の当たりにし、ヤクルトファン的にはこれだけでお腹いっぱい。

 次のWBCではどのような楽しみがあるだろうか。2021年が今から楽しみだ。


文=勝田 聡(かつたさとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方