週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

ヤクルト・川端慎吾は「亀」だ!努力をコツコツ積み重ね、首位打者獲得&リーグ優勝をもたらした!!/file#046

【この記事の読みどころ】
・高校時代は流し打ちができず、細身ながらもスイングが強い選手だった
・3年のセンバツで野上から放った弾丸ライナーでプロへ
・欠点を克服していき、広角打法を身につけ、首位打者を獲得!



 川端慎吾の姿を見ると今も苦い記憶が蘇る。

 市立和歌山商(現市立和歌山)時代の2年夏を前にした頃だった。ある雑誌でチーム取材をし、原稿を書いた。3年生のエースに玉置隆(現阪神)がおり、夏に甲子園出場を果たすチームも力があった。そこで1番・遊撃手の川端にも話を聞き、原稿に入れた。それ自体は問題なかったのだが、甲子園出場を挟み、最上級生となった秋。近畿大会に出場した戦いを見に行った時だった。チームのコーチと川端の話をしていると、その人が何気なく言ったのだ。

「川端のことを雑誌とかで取り上げてもらうと決まって『広角に打つ』みたいな書き方なんですよ。でも、アイツが逆方向に打ったのなんか振り遅れ以外ほとんど見たことないですからね」

 そこでハッとした。コーチは僕の原稿を指して言ったわけではないはずだが、まさに夏前の原稿で僕も「大型ショートしても評判の川端は長打に加え広角にも打ち分けられるタイプ」と書いていたのだ。

 思い返せば夏の甲子園で放った3本のヒットは、投手への内野安打とライト前が2本。それまでに見た試合でも確かに左方向へのヒットを見た記憶はなかった。それを軽く眺めてきた印象で、三拍子が揃った細身の遊撃手というイメージで、安易にタイプを決めつけ、1行を埋める言葉に「広角に打ち分けられるタイプ」と書いてしまったのだ。

 まさに赤っ恥。その場でコーチに「実は僕も……」とは言い出せなかったが、以降の試合では川端の打席をしっかりと見るようになった。そして、まったく逆方向に打つバッターではないことがわかった。

プルヒッターとして名を馳せた高校3年


 それどころか、体重があと10数キロあれば、松井秀喜(元巨人ほか)のようなスイングに見えたのではないかと感じる時もあったほどで、振りは強く、打球はセンターから右というより、右中間からライトの間に集中して飛んで行った。細身というより無駄肉のない引き締まった体は、硬さも感じさせながら、反面の強さがあった。

 2年秋をしっかり見届け、ドラフト候補として甲子園の舞台でどう見えるか、と注目した3年春のセンバツ。

 初戦の常総学院戦は2つの四球を選ぶもノーヒット。試合後に話を聞くと、フォームで悩んでいると言い、「打ちに行った時に左肩が被さってしまう」と話していた。引っ張り専門の打者らしい難点とも言えたが、こねるイメージに、大舞台での「打ちたい」という力みも加わったのか。


 しかし、2戦目、準優勝を果たす神村学園戦で持ち味の打球を見せた。4点ビハインドの7回裏。野上亮磨(現西武)の初球のストレートを、浜風をもろともせず弾丸ライナーでライトスタンドへ突き刺したのだ。実に川端らしい一振りだった。あの一発でドラフト上位指名は確約された、といま振り返っても過言ではないだろう。

 さらに2点を追う9回にも2死一、二塁からセンター前ヒット。結果的には送球の乱れをついてホームを突いた二塁走者がタッチアウトとなり、試合終了となったが最後に大舞台でしっかり力を見せた。

「亀」の川端、地道に成長した末に首位打者獲得!


 あの当時の市和商は田村領平(元阪神)、玉置、川端とプロへ進む選手が続き、よく試合も見に行った。その中で川端について当時の真鍋監督が言った一言が印象に残っている。

「彼は亀なんですよ」

 センスも能力も高かったが、それにもましてコツコツ努力を怠らないのが川端なのだ、と。体的には膝の硬さが攻守ともネックとなっていたそうだが、地道な取り組みで打つも、守も柔らかさが出るようになったとも話していた。

 最後の夏は和歌山大会準決勝敗退で3度目の甲子園はなかったが、甲子園未出場でも平田良介(現中日)や辻内崇伸(元巨人)らが顔を揃えたAAAの代表メンバー入り。ベストナインの活躍を見せ、秋には高校生ドラフト3位でヤクルトからの指名を受けた。

 プロ入り後は細かな故障が多く、一本立ちに時間がかかった印象だが、今やリーグを代表するヒットメーカーに成長した。今季、195本を放ったヒットの打球方向を見ると左にもしっかり53本(中方向83本、右方向59本、内野安打31本)。技術面でも亀の努力を実らせ打率.336、見事な首位打者のタイトルを獲得したというわけだ。



文=谷上史朗(たにがみ・しろう)
1969年生まれ、大阪府出身。関西を拠点とするライター。田中将大(ヤンキース)、T−岡田(オリックス)、中田翔(日本ハム)、前田健太(広島)など高校時代から(田中は中学時代から)その才能に惚れ込み、取材を重ねていた。近著に『マー君と7つの白球物語』(ぱる出版)がある。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方