週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【勝手にコスパレース2019 6/10〜6/16】交流戦も中盤!今週のMVPは誰?

文=水原翔

【勝手にコスパレース2019 6/10〜6/16】交流戦も中盤!今週のMVPは誰?

 高額年俸選手の1勝あたりの金額は?そんな疑問がすぐにわかる、週刊野球太郎の人気企画『勝手にコスパレース!』
 レースに参加した総勢20人の成績を振り返るとともに、今回の週間MVPを発表したいと思います!

コストの算出方法とルールについてはこちら
※成績の後ろの()は1つあたりの金額。年俸は推定。

投手編

6/16までの通算成績は以下のとおり。

■菅野智之(年俸6億5000万)
10登板(6500万)、66 2/3イニング(975万)
7勝(9285万)、59奪三振(1101万)

■メッセンジャー(年俸3億5000万)
10登板(3500万)、64 2/3イニング(541万)
3勝(1億1666万)、44奪三振(795万)

■増井浩俊(年俸3億)
27登板(1111万)、26イニング(1153万)
1勝(3億)、3H(1億)、18S(1666万)
31奪三振(967万)

■岸孝之(年俸3億)
5登板(6000万)、31 1/3イニング(957万)
2勝(1億5000万)、31奪三振(967万)

■森唯斗(年俸2億8000万)
31登板(903万)、30 1/3イニング(923万)
2勝(1億4000万)、4H(7000万)、19S(1473万)
33奪三振(848万)

■ブキャナン(年俸2億7500万)
8登板(3437万)、43 2/3イニング(629万)
1勝(2億7500万)、22奪三振(1250万)

■ジョンソン(年俸2億7000万)
12登板(2250万)、62イニング(435万)
6勝(4500万)、57奪三振(473万)

■西勇輝(年俸2億5000万)
12登板(2083万)、85 1/3イニング(292万)
3勝(8333万)、56 奪三振(446万)

■宮西尚生(年俸2億5000万)
27登板(925万)、23イニング(1086万)
1勝(2億5000万)、22H(1136万)、23奪三振(1086万)

■山口俊(年俸2億3000万)
12登板(1916万)、76 1/3イニング(301万)
6勝(3833万)、81奪三振(283万)

週間MVP

山口俊(巨人)
6月15日の日本ハム戦に先発し、8イニング9奪三振で勝利を上げた山口がMVP。
次点は3試合に登板し1ホールド、2セーブを森唯斗(ソフトバンク)だが、右腕の張りを訴え登録抹消。2試合でセーブ失敗した増井浩俊も2軍落ちと中継ぎ陣が2人脱落。
来週は混沌とした展開になりそうだ。

野手編

つづいて野手。

■柳田悠岐(年俸5億7000万)
41打席(1390万)、11安打(5181万)、21出塁(2714万)
26塁打(2192万)、4本塁打(1億4250万)、4盗塁(1億4250万)

■浅村栄斗(年俸5億)
293打席(170万)、72安打(694万)、117出塁(427万)
132塁打(378万)、16本塁打(3125万)

■坂本勇人(年俸5億)
287打席(174万)、80安打(625万)、112出塁(446万)
150塁打(333万)、21本塁打(2380万)、4盗塁(1億2500万)

■丸佳浩(年俸4億5000万)
282打席(159万)、70安打(642万)、113出塁(398万)
114塁打(394万)、10本塁打(4500万)、6盗塁(7500万)

■バレンティン(年俸4億4000万)
225打席(195万)、55安打(800万)、80出塁(550万)
100塁打(440万)、13本塁打(3384万)

■山田哲人(年俸4億3000万)
303打席(141万)、65安打(661万)、131出塁(328万)
127塁打(338万)、16本塁打(2687万)、16盗塁(2687万)

■筒香嘉智(年俸4億)
251打席(159万)、61安打(655万)、102出塁(392万)
110塁打(363万)、13本塁打(3076万)

■内川聖一(年俸4億)
238打席(168万)、53安打(754万)、68出塁(588万)
79塁打(506万)、6本塁打(6666万)、2盗塁(2億)

■松田宣浩(年俸4億)
273打席(146万)、71安打(563万)、85出塁(470万)
1128塁打(312万)、14本塁打(2857万)、3盗塁(1億3333万)

■糸井嘉男(年俸4億)
291打席(137万)、68安打(588万)、115出塁(347万)
94塁打(425万)、4本塁打(1億)、6盗塁(6666万)

週間MVP

浅村栄斗(楽天)

今週も山田哲人(ヤクルト)は6試合で7安打、9出塁、2本塁打と好調をキープ。
それでも、その山田以上の成績を残したのが浅村。
雨天中止で山田よりも1試合少ないにもかかわらず、8安打、12出塁、2本塁打と山田以上の成績をマーク。
浅村は2回目の受賞。

次回もお楽しみに!

文=水原翔(みずはらしょう)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方