週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

ホークス「夜明け前」と、「飯塚オートレース」を駆け抜けた名レーサー・中村政信がいた時代


 「福岡ソフトバンクホークス杯」という冠レースがある。公営競技のオートレースの話だ。

 これは、ソフトバンクと同じ九州を拠点とする飯塚オートレース場で開催されるSGレースなどにつけられる冠だ。正式には「福岡ソフトバンクホークス杯・SG第35回オールスターオートレース」などと用いられる。

 プロ野球とともに九州を盛り上げている飯塚オート。今回は、両者のちょっとした巡りあわせについて紹介したい。

レース中の事故により命を落とした伝説のレーサー・中村政信


 オートレースは他の公営競技と比べて、地元選手へのファンの思い入れが強いといわれている。どのレース場でも所属選手への応援はひときわ激しい。そのなかで、飯塚オートにおいて伝説として語り継がれている選手が存在する。今は亡き中村政信だ。

 中村は1985年に飯塚所属の選手としてデビュー。1990年代には数々のグレードレースで優勝。1995年には全日本選抜オートレースでSG初制覇を果たした。通算541勝、グレードレース優勝14回、SG戴冠2回という堂々の経歴を持つ。しかし、まだこれからという1999年に、レース中の落車事故でこの世を去ってしまった。


SGタイトル無縁の地から、「飯塚最強軍団」へ!


 中村が活躍していた頃のオートレースは、船橋オート(千葉県・今年3月に廃止)所属選手の全盛期。逆に中村所属の飯塚オートは長らく低迷していた。中村のSG制覇は九州のファンに夢と希望を与えたといっても過言ではない。

 中村亡き後の飯塚オートは、中村の遺志を受け継いだ若武者たちを数多く輩出。2000年代にはSGタイトルホルダーを何人も擁し、「飯塚最強軍団」と呼ばれるまでになった。

 そのなかのひとり、浦田信輔が地元でSG初優勝を飾った際には「政信さんが勝たせてくれた」と、涙ながらにコメント。

 飯塚オートでは中村の死を悼み、彼の車名に由来する「トーマスメモリアルカップ」を開催(現在は廃止)。今でも彼の練習番号は永久欠番とされている。

20年連続Bクラスのホークスが「常勝軍団」に!


 中村がオートレーサーとしてデビューした1985年といえば、南海ホークス低迷期の真っ只中。南海、ダイエーと親会社が変わるなか、20年連続Bクラスという不名誉な記録を作ってしまった。

 しかし、奇しくも中村が殉職した1999年に、王貞治監督率いる「ダイエーホークス」として優勝。その後のホークスが見せた2000年代の躍進、ソフトバンクになってからの勝ちっぷりは説明するまでもないだろう。ホークスは「常勝軍団」になったのだ。

 ちなみに、ホークス躍進の立役者といえば、ダイエー時代に球団の土台を構築した「球界の寝業師」こと根本陸夫氏。根本氏も1999年に他界しており、その後の黄金時代を自分の目で見られなかった点も中村と共通している。


 プロ野球とオートレース。競技は違えど、地元に密着して地域に活力を与えている点では同じだ。その礎を築いた偉大な2人のご冥福を、あらためて祈りたい。


文=サトウタカシ (さとう・たかし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方