週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年ドラフト候補高校生 九州編】秋の九州王者・筑陽学園の西舘昂汰ら来年が楽しみな逸材たち

文=落合初春

【2019年ドラフト候補高校生 九州編】秋の九州王者・筑陽学園の西舘昂汰ら来年が楽しみな逸材たち
 来春のセンバツへ向けた秋季大会が終結した高校野球。少し気が早いが、来年のドラフト戦線で注目を集めそうな有望球児を都道府県別に紹介しよう。

福岡のドラフト候補


下村海翔(九州国際大付)
 最速145キロのストレートとスライダー、チェンジアップのコンビネーションが光る右腕。174センチ70キロと大柄ではないが、しなやかに腕を振る。

西舘昂汰(筑陽学園)
 186センチ73キロ、長身細身の右腕。最速144キロのストレートと多彩な変化球で、秋の九州大会を制覇。甲子園での活躍に期待。

佐賀のドラフト候補


済木龍輝(佐賀商)
 2018年夏の甲子園に1番・遊撃として出場。巧みなバットコントロールが魅力。チーム戦術の「バスター打法」もソツなくこなす、器用な右打者。体格がスケールアップすれば、もっと面白い存在に。

長崎のドラフト候補


桝屋優太郎(長崎商)
 140キロ超のストレート、シュートで内角をえぐる右腕。シンカー系のボールも駆使し、巧みに芯を外す投球ができる。

深見直人(創成館)
 176センチ100キロのパワフルな大砲。2017年秋の神宮大会では、3本塁打をかっ飛ばし、2018年春のセンバツでは4番に座った。夏の甲子園では打撃不振の影響もありベンチ外になったが、飛ばす力は天下一品。通称「トトロ」。

大分のドラフト候補


翁長佳辰(日本文理大付)
 177センチ70キロのスラリとした体から140キロ台中盤のストレートを投げる右腕。見た目とは裏腹にスタミナ抜群で試合終盤まで球威を維持する。

大畑蓮(明豊)
 183センチ65キロの長身細身の右腕。秋の九州大会では自己最速を141キロに更新。体に迫力が出てくれば、プロの食指も動くはず。

熊本のドラフト候補


川野涼多(九州学院)
 俊足強肩の両打ち遊撃手。特に右打席ではコンパクトな打撃が光る。高校野球のスイッチヒッターには珍しく178センチ73キロとサイズも十分。将来的にはユーティリティープレーヤーになれそうな大器。

浅田将汰(有明)
 181センチ81キロ、最速147キロの本格派右腕。鋭い横のスライダー、チェンジアップを駆使する力投型。2年春のRKK旗では九州学院、秀岳館などの強豪を撃破。投げっぷりがいい。

宮崎のドラフト候補


平野大和(日章学園)
 50メートル走5.8秒の俊足を誇る外野手。秋季九州大会では左ヒザを剥離骨折しながらも強行出場し、準々決勝では2安打。「日章学園の鉄人」と呼ばれている。

鹿児島のドラフト候補


小峯新陸(鹿児島城西)
 188センチ83キロの大型右腕。最速は140キロ程度だが、ストレートの質が高く、ストレート一本でも抑えられる。

沖縄のドラフト候補


宮城大弥(興南)
 秋の九州大会では「九州ナンバーワン投手」の呼び声高かった145キロ左腕。2017年夏には甲子園で先発を任された元スーパー1年生。秋も九州大会1回戦で熊本国府を相手に9回14奪三振を記録。多彩な変化球で三振を奪う。

國吉吹(沖縄水産)
 秋季沖縄大会では、沖縄尚学戦でノーヒットノーランを達成。抜群の身体能力が武器。体にキレが出てくれば、常時140キロも可能になりそうだ。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方