週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

V奪回が史上命令! コーチを入れ替えて臨む2年目の由伸ジャイアンツ。その陣容は?


1軍コーチングスタッフはこうなった!


 2017年、V奪回を目指す巨人のコーチングスタッフが発表になった。1軍の陣容は以下の通り。

監督:高橋由伸
ヘッドコーチ:村田真一
投手コーチ:尾花高夫
投手コーチ:田畑一也
投手兼トレーニングコーチ:木村龍治
打撃コーチ:江藤智
打撃コーチ:二岡智宏
内野守備走塁コーチ:井端弘和
外野守備走塁コーチ:大西崇之
バッテリーコーチ:村田善則
トレーニングコーチ:伊藤博

 このうち、新たにそのポストについたのが、2016年はいずれも2軍で指導していた田畑投手コーチ、木村投手兼トレーニングコーチ、二岡打撃コーチの3名だ。

2軍から3軍、そしてスカウトまで刷新


 そして、1軍以上に刷新されたのが2軍の首脳陣。10個のポストのうち、実に8つに新たな人材が割り当てられた。

 気になるところを挙げるなら、まずは、2016年までは日本ハムのファームで指導にあたっていた小坂誠2軍内野守備走塁コーチだ。好守でならした小坂コーチが、岡本和真、山本泰寛、吉川大幾といった伸び盛りの若手をどう鍛え上げていくのか見ものだ。

 配置転換組では、指導に定評のある田代富雄2軍打撃コーチ(2016年は巡回打撃コーチ)、ゴールデン・グラブ賞2回の金城龍彦2軍外野守備走塁コーチ(2016年は3軍打撃コーチ)も、2軍活性化にひと役買いそう。

 そしてもうひとり、6年ぶりに巨人に復帰する小谷正勝巡回投手コーチも注目の存在。2016年までは、ロッテの2軍投手コーチを務めていたが、かつては横浜やヤクルトで三浦大輔、川崎憲次郎、五十嵐亮太ら数々のエース級の投手の育成に携わった実績を持つ。

 また、巨人に2軍投手コーチと在籍していた時代(2005〜2011年)は、内海哲也らを一人前に仕上げている。巡回投手コーチということで、1軍とファームのパイプ役としての期待がかかる。

 さらに、スカウト部門も刷新される。2017年から、新たに岡崎郁スカウト部長がその任に就き、チーフスカウトは井上真二前2軍打撃コーチ、その下に、東日本統括として福王昭仁前2軍内野守備走塁コーチ、西日本統括として武田康スカウトがそれぞれ務めることとなった。

高橋監督の胴上げはあるか?


 2016年は、広島に17.5ゲーム差をつけられた。その広島を倒し、ペナントを奪回するには、全体的な戦力の底上げが不可欠。新たなコーチングスタッフで2年目の高橋監督の胴上げが見られるか、楽しみにしたい。

文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方