週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

生え抜きの“G戦士”がついに覚醒! 巨人のプリンス・坂本勇人が初の首位打者へ!!


10代でレギュラーを獲得した生え抜きのG戦士


 誰もが認める巨人の看板選手のひとり、坂本勇人。高卒・生え抜きの内野手は、2年目からショートのレギュラーに定着。10年目となる今季まで、好不調の波はありつつも、ほとんどの試合に出場しチームを支え続けている。

 そんな坂本も、これまで打撃三冠のタイトルとは無縁。2012年に173安打を放ち最多安打のタイトルは手にしているが、首位打者、本塁打王、打点王にはまだ未到達だった。

打率トップを爆走中!


 今季の坂本は、9月14日終了現在で打率.347。2位の鈴木誠也(広島)が.337だから、決してセーフティーリードとはいえないが、バットマンレースの先頭を突っ走っている。

 これまで規定打席に達して3割を超えたことは、2009年の打率.306(リーグ4位)、2012年の.311(同2位)と、2度経験している。

 しかし今季は、その2年とはレベルが違う。開幕当初から3割をキープし、4月の終わりの4試合では14打数8安打4本塁打と大爆発。その後も、大きく調子を落とすことなくキャリアハイのアベレージを刻み続けている。


中日投手陣をカモにしている


 坂本の対戦チーム別の打率を見ると、セ・リーグではDeNAのみ打率.293と3割を切っているが、それ以外の4球団相手ではすべて3割オーバー。とくに中日相手には.444。吉見一起に対しては14打数7安打、大野雄大とは11打数4安打、若松駿太とは5打数2安打、リリーフの柱である田島慎二にも3打数3安打と、主力投手をきっちり攻略できている。

 中日とは、9月21、22、27、28日と4試合を残していて、これがすべて東京ドーム。ホームの利を生かし、得意チーム相手に安打を量産して鈴木(広島)を振り切りたいところだ。

CS、侍ジャパンと、出番は続く


 もう若手という年齢(27歳)でもなく、昨季からはチームの主将に任命されている坂本。ペナントレースが終われば、10月8日からのクライマックスシリーズ、さらには日本代表のメンバーとしても、来年3月に開催されるWBCでの活躍も期待される。

 弾みをつけるためにも、首位打者のタイトルはぜひとも獲得したい。残りゲームでの坂本のバットに注目だ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方