週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2017夏の高校野球】《千葉観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

完成度高いプロ注が格の違いを見せるか
野手も好選手が粒揃いで楽しみな夏に!

投手編 〜全国屈指の投手陣〜


【2017夏の高校野球】《千葉観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 今年も多士済々な顔ぶれが揃った。その中でも今春一気にブレイクした山下輝(木更津総合)は最速145キロの数字のみならず、質もいいストレートにスライダーやツーシームも操る。187センチという大型左腕にありがちな脆さも見当たらない。控えの2年生右腕・白井竜馬も好投手だ。
 川上鳳之(専大松戸)は最速145キロとスライダーのキレで小気味よい投球を展開する。左腕・濱名竜之介は、安定感抜群で持丸修一監督からの信頼も厚かったが、関東大会で故障。夏の万全復帰は微妙なところだ。春季県大会決勝で完投した古川信之介は、昨夏も1年生ながら先発登板するなど、経験を積んできた2年生右腕だ。
 センバツで全国デビューした金久保優斗(東海大市原望洋)は、春季県大会では一度も登板がなかった。最速147キロのストレートとキレのあるスライダーで昨秋のような鬼気迫るフル回転に期待したい。そして大舞台でセンバツのリベンジを果たす快投に期待し
たくなる。
 184センチの大型サイドハンド・伊藤陸人(千葉明徳)は、冬場に体重を
10キロ増やし、ストレートも最速138キロを記録した。昨夏の準優勝校・市船橋の渕上泰樹は、小柄ながら最速144キロを記録するストレートに威力がある。習志野の二枚看板、石川水都と関口諒は140キロ近いストレートを武器にする本格派だ。菅野雄太郎(千葉経大付)はスケール感たっぷりの大型右腕で、今夏の大化けに期待したい。技巧派左腕の谷澤太朗(東京学館浦安)、右サイドから安定感のある山本隼輔(東海大浦安)、昨秋の骨折から復
帰した投打の大黒柱・飯田友輝(柏南)も見逃せない。
 大谷拓海(中央学院)は昨秋関東大会であわやノーヒットノーランの好投を果たした。投手としての素質はもちろん、上位打線を任される打撃も才能豊か。新原渉吾(千葉敬愛)は130キロ前後ながらも伸びがある。大谷、新原の両2年生にも注目だ。

野手編 〜最後の夏にかける左右の大型打者〜


【2017夏の高校野球】《千葉観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 期待の一番手は、1年夏からチームの中心として活躍してきた峯村貴希(木更津総合)。潜在能力からすると、まだまだ出し切っているようには見えない。木更津総合ではリードオフマンの山中稜真や昨春の輝きが忘れられない野尻幸輝の2年生たちも気になる存在だ。
 強打の専大松戸には、安打製造機・昆野海翔と左打席から鋭い打球を連発する今里凌の2年生に、平岩大知や本橋一馬ら一発を秘めた3年生がいる。東海大市原望洋には軽快な守備も魅力の鯨井祥敬、春の成田戦で2本塁打した藤本誠啓、強打の左打者・荒川太一、強打のチームで4番を打つ・塚本翼らタレントが揃う。1年夏に大活躍し、打球の速さは超高校級の迫力がある吉野海都、“習志野野球”の申し子・小安泰雅の習志野コンビは注目だ。昨夏の雪辱に燃える市船橋には、俊足強肩の草野里葵や西秋隆規らが健在だ。
 肩の強さはナンバーワンの捕手・菅井紀美靖(千葉明徳)に、小柄ながらセンス抜群の宮内竜志(銚子商・2年)、来年は千葉を代表する捕手になるだろう田宮裕涼(成田・2年)も一見の価値あり。

大会展望 〜大混戦必至! 優勝候補にもアキレス腱〜


ここ数年のトップグループの顔ぶれはあまり変わらないものの、今年は本命不在の大混戦が予想される。春季県大会優勝の専大松戸は強力な投手陣も、濱名の離脱は痛い。昨夏甲子園8強の木更津総合、センバツに出場した東海大市原望洋も、それぞれエースをどれだけ省エネして勝てるかがポイント。習志野は本格派右腕の3本柱を中心に近年随一の戦力を誇る。成田、市船橋は夏の戦い方を熟知している。千葉明徳、日体大柏、中央学院などの下克上が見られるか。

【2017夏の高校野球】《千葉観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド


野球太郎 No.23
「2017夏の高校野球&ドラフト特集号」 

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方