週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《ドラフト指名予想・中日編》投手王国再建には田中正義(創価大)か柳裕也(明治大)を獲得したい!


 いよいよ間近に迫った今年のドラフト会議。

 週刊野球太郎では10月のドラフト特集として、本誌『野球太郎』で大展開している「12球団別チーム編成&ドラフト戦略徹底分析」を元に、各球団の補強ポイントと指名選手予想を紹介していく。

 当企画のトリを務めるのは、暗黒時代に足を踏み入れつつある中日。

中日の2016年シーズン


 谷繁元信監督の解任、球団史上初の4年連続Bクラス、19年ぶりの最下位、規定投球回到達者ゼロなど、不名誉な話や記録が先に立ってしまう今季の中日。

 しかしそんな逆風にあって、ドラフト1位の小笠原慎之介が待望のプロ初勝利を挙げ、懸案事項であった捕手も杉山翔大にメドが立つなど明るいニュースも見られた。

 来季は森繁和監督代行が、正式に監督に就任することが決定。世代交代が始まったかに見えるチームをどのように作り上げるのか。その手腕に注目したい。

チーム状況から見るドラフト戦略


 何といってもまずはかつての投手王国の姿を取り戻したい。その旗手になるのは、小笠原であり今年のドラフト候補。それだけに投手重視のドラフトになることが予想される。

 とはいえ野手、とりわけ内野手の現有戦力もまだまだ心もとないので、スキあらばぶっこんでいくという心意気がほしい。


野球太郎的オススメ選手


 小笠原とともに、投手王国立て直しミッションを成し遂げてほしい田中正義(創価大)。しかしケガ、しかも肩ということで指名には慎重さも求められる。リスクが少ない即戦力という点では柳裕也(明治大=写真)という手も。竜のドラ1は田中という名を取るか、柳という実を取るかという選択になりそうだ(もちろん田中は実もあるが)。

 野手に関しては、強肩強打が売りの中山悠輝(東京ガス)を推薦。近年の中日は社会人の即戦力選手を使いこなせていない感があるが、自分の野球観を持っている中山ならば心配も杞憂に終わるだろう。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方