週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

地味な変則投手にも注目すべし! ジミヘンなベテラン助っ人投手バルデスに援護プリーズ!


“ジミヘン”と言えば早世した伝説のスーパーギタリスト、ジミ・ヘンドリクスだが、野球界にも“ジミヘン”がいる。ちょっとだけ変わった投げ方をする地味な変則投手たちである。

援護してもらえないのは地味だから!?


 セ・リーグのジミヘン筆頭格は今季2年目となるキューバ出身の左腕・バルデス(中日)だ。昨年は主に先発で22試合に登板して、5勝8敗、防御率3.18。開幕からローテーションの一角を任され、最初の5試合はすべて6イニング以上投げて2失点以下と好投を重ねた。

 にもかかわらず、5試合の成績は0勝1敗。とにかく孤立無援だったのだ。初勝利は10試合目。最終的には上記の成績に落ち着いたものの、心中は「Why Japanese People?」状態だったかもしれない。

 今季は左肩痛もあって開幕には間に合わなかったが、5月8日に1軍登録されると、6月9日までで6試合に登板し2勝1敗。5月20日の巨人戦では、9回まで無失点に抑えながら援護がなかったりもしたが、勝ち星が先行しているだけ昨年よりはまだマシかもしれない。


ゆったりとした立ち投げは犬飼小次郎を思わせる!


 そんなバルデスの地味な変則投法の特長は、立ったまま投げること。普通、どんなピッチャーでも、リリースに合わせて上体がキャッチャー側に倒れ込んでいくものだが、バルデスはスリークオーター気味の立ち投げのような感じで、体がまったく前に倒れ込まないのだ。しかも、ゆったりしている。ものすごく極端に言うと『ドカベン』土佐丸高校の犬飼小次郎のキャッチボール投法に近い(小次郎のようにスローボールを投げるわけではないが…)。

 球種はストレートに、スライダーとチェンジアップ。これをテンポよく織り交ぜて投げ込んでくる。そして、コントロールも悪くない。緩急を上手く使いながら、(おそらく)150キロにも見える130キロそこそこのストレートで三振を取るシーンは痛快だ。

荒木雅博と同い年でも中4日OK


 ちなみにバルデスは、中日のチームメイトでは荒木雅博と同じ38歳。投手陣では岩瀬仁紀に次ぐベテランだ。それでも本人は「中4日でもいける」と豪語しているというから、頼もしいことこの上ない。

 今季はビシエドが加入し、得点力がアップしている中日打線。ジミヘンで頑張っているバルデスの援護をぜひともお願いしたいものだ。

文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方