週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

巨人・高橋由伸と井端弘和が揃って現役引退。「同級生」首脳陣が復権のカギを握る

 来季の巨人は、高橋由伸新体制として臨むことを正式に発表した。

 就任会見で高橋新監督は「責任のある役割になりますが、先輩たちが作り上げた伝統を守りつつ、自分らしさも出しながら、覚悟を持ってまい進してまいりたいと思います」と、慎重に言葉を選びながら決意を述べた。

 兼任監督という立場はとらず、現役は引退。今季、代打では打率.395(38打数15安打)というハイアベレージを残していただけに、残念に思うファンも多かったのではないだろうか。

 そして、その決断に連動するように現役に見切りをつけたのが、同僚で同い年の井端弘和だ。


 引退会見では「由伸が辞めるときに一緒に辞めようと、ジャイアンツに来たときから考えていた。彼は僕ら世代のスターですから、そんな選手と最後に一緒にプレーできて、一緒に辞められるなんて、こんな素晴らしいことはないです」とその胸中を語った。来季は、1軍内野守備走塁コーチ就任が発表されている。

対照的だった2人の野球人生


 桐蔭学園高から慶應義塾大を経て、大型外野手として巨人にドラフト1位(逆指名)で入団し、1年目から126試合に出場するなどスター街道まっしぐらだった高橋。

 一方の井端は堀越高から亜細亜大という経て、中日にドラフト5位入団。レギュラーに定着したのはプロ入り4年目の2001年。攻守にわたる俊敏さと器用さで、遊撃手として不動の地位を築いた。

 同じ1975年生まれで1997年ドラフト組。さらには両者とも女子アナと結婚が、選手としては対照的。18年間のプロ生活で残した数字を比較してみると、そのあたりがより鮮明になる。

【両選手の通算記録】

<本塁打数>
高橋:321本 井端:56本

<打点>
高橋:986打点 井端:410打点

<安打数>
高橋:1753安打 井端:1912安打

<犠打>
高橋:17本 井端:248本

<盗塁>
高橋:29個 井端:149個

 主に1、2番で活躍した井端に対して、打線の中軸を担うことが多かった高橋。この数字も、おおまかにはイメージどおりかもしれない。

 58歳だった原監督から40歳の高橋監督へ一気に若返る来季の巨人。それを支えるべく、1軍内野守備走塁コーチとして入閣した井端。今季は僅差の2位に終わっただけに、復権は至上命題となる。

 新監督の采配、さらには巨人内野陣の守備の変化、来季の巨人はこのあたりも注目ポイントとなるだろう。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方