週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【キャンプレポート】新たな武器習得に挑む菅野智之(巨人)に2番・捕手の中村悠平(ヤクルト)?

【キャンプレポート】新たな武器修徳に挑む菅野智之(巨人)に2番・捕手の中村悠平(ヤクルト)?

 寒波の影響で底冷えの日が続く日本列島。しかしそんなサムサニ負ケズ、プロ野球はキャンプがスタート。チームとしての始動にファンの気持ちも高まる。

 週刊野球太郎では『球春到来! プロ野球キャンプレポート』の第2回をお届けする。

ビッグネームがご対面


 平昌五輪と重なっていることから、例年よりもメディアに流れる情報量が少ない今季の春季キャンプ。しかし、そんななかでも注目ルーキー・清宮幸太郎(日本ハム)に関する話題は豊富だ。

 この1週間のトピックというと、やはりダルビッシュ有(カブス)と対面したことだろう。アリゾナでカブス入団の記者会見を行ったダルビッシュが、その足で日本ハムのキャンプ地へやってきて清宮と握手をするなど交流した。

 メジャーリーグ行きを将来的な目標に掲げる清宮だけに、先輩メジャーリーガーから新たな刺激を受けた模様。飛躍の糧になるのは間違いない。

脅威のエースがさらなる高みへ


 巨人の、そして侍ジャパンのエースとして君臨する菅野智之。昨季は最多勝と最優秀防御率の二冠に輝いたが、このキャンプでもさらなる進化を目指してトレーニングに励んでいる。

 その1つが右打者の内角を狙うスライダー。昨季の被打率を見ると、左打者の.183に対し右打者は.208と、右打者にやや分が悪い。そのため右打者対策として、新たな武器を仕込もうとしている。

 約2分の差は微々たる違いに思えるが、それをよしとしないからこそ、ここまで上り詰められたのだろう。完全無欠の投手に、また一歩近づいていく。


ひと味違う今季のツバメ軍団


 昨季喫した96敗という歴史的大敗から巻き返しを狙うヤクルト。青木宣親を呼び戻すなど力の入れ具合が伝わってくるが、既存の選手の有効活用法も練られている様子。

 例えば「1番・山田哲人、3番・青木宣親」のオーダーを生かすため、2番につなぎの上手な中村悠平を置くプランがそれ。プロではなかなか聞かない「2番・捕手」だが、成功すれば下位打線に厚みを持たせられるので、機能するところを見てみたい。

 ほかには外野手の坂口智隆を一塁に挑戦させるなど、斬新な複数ポジション案も出ており、どのプランがシーズンで実を結ぶか楽しみだ。


チームとしての戦い方もチェック


 個人のレベルアップもさることながら、チームとしての戦い方が話題に挙がってくるとキャンプらしさがより伝わってくる。必ずしもシーズンでそのプラン通りに進むとは限らないが、準備は大切だ。

 間もなくオープン戦が始まるため残り時間は少ないが、どこまでチーム力を高めていけるか。そこにも注目しつつ、キャンプ終盤を楽しみたい。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方