週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《シーズン序盤・観客動員編》観客動員数は4年連続増加中! 巨人、阪神は1試合平均4万人超!!

主催試合で平均観客動員数1位の阪神甲子園球場

 週刊野球太郎では連載『何かが潜むとき…… シーズン序盤のプロ野球を忘れるな!』を、今週からスタート。ついペナントレースの先々に目がいきがちだが、開幕からの約1カ月には見過ごせない何かが潜んでいるはず。そこで、シーズン序盤に起こった出来事を忘れないように記しておく。

 第3回となる今回は「観客動員編」。かつては「巨人一極集中」や「人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグ」と言われた時代もあったプロ野球だが、2017年開幕1カ月強の各球団の観客動員数はどうなっているだのろうか。

セ・リーグ:主催試合の平均観客動員数ランキング


1位:阪神
41,673人(総動員数708,441人・17試合)
甲子園球場
収容人数:47,508人

2位:巨人
40,625人(総動員数690,631人・17試合)
東京ドーム
収容人数:46,000人

3位:広島
29,691人(総動員数534,431人・18試合)
Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島
収容人数:33,000人

4位:DeNA
27,838人(総動員数528,924人・19試合)
横浜スタジアム
収容人数:30,000人

5位:中日
25,792人(総数541,642人・21試合)
ナゴヤドーム
収容人数:36,700人

6位:ヤクルト
25,312人(総動員数480,924人・19試合)
神宮球場
収容人数:31,828人

(※1試合あたりの平均観客動員数、小数点以下は四捨五入)

 阪神は甲子園球場、巨人は東京ドームと、いずれもホーム球場のキャパシティが大きいというアドバンテージはあるが、やはりこの対戦が「伝統の一戦」とも称されるようにこの2球団が12球団のなかでワンツー。

 とくに阪神は、目下首位を快走中ということもあって、虎党のボルテージも上がってきているに違いない。

 広島とDeNAは、近年、ググッと動員を伸ばしている。「カープ女子」がブームから定番になるなど、いまやMazda Zoom-Zoom スタジアム広島のチケットが取りづらい状況となっている。

 DeNAは、持ち前の明るさで横浜を盛り上げた中畑清監督からラミレス監督への継投が上手くいき、ファンも定着した感がある。

 甲子園や東京ドームに比べてMazda Zoom-Zoom スタジアム広島と横浜スタジアムは収容人数が少ないだけに、もう伸びシロがそれほどない状況まできているともいえる。

 チームが下位に低迷する中日、ヤクルトは、選手の奮起で観客動員につなげていきたい。

パ・リーグ:主催試合の平均観客動員数ランキング


1位:ソフトバンク
32,404人(総動員数615,670人・19試合)
ヤフオク!ドーム
収容人数:38,500人

2位:日本ハム
31,472人(総動員数566,498人・18試合)
札幌ドーム
収容人数:42,270人

3位:楽天
25,917人(総動員数414,676人・16試合)
Koboパーク宮城:収容人数:30,508人

4位:西武
23,311人(総動員数372,974人・16試合)
メットライフドーム
収容人数:33,556人

5位:オリックス
22,491人(総動員数494,812人・22試合)
京セラドーム大阪
収容人数:36,154人

6位:ロッテ
20,030人(総動員数340,511人・17試合)
ZOZOマリンスタジアム
収容人数:30,119人

(※1試合あたりの平均観客動員数、小数点以下は四捨五入)

 日本列島の最西と最北にあるソフトバンクと日本ハムが平均3万人超で1、2位。北海道と福岡に完全に溶け込み、チーム成績も毎年のように上位をキープ。好調な観客動員もうなずけるところだ。

 ソフバンクは、川崎宗則が途中加入し、松田宣浩も4月のスランプから脱した。元気なふたりがチームの成績だけでなく、観客動員にも貢献しているのは大きい。

 日本ハムは、シーズン序盤に大連敗を喫したが、5月に入ってチーム状態も上向きつつある。地元ファンもさらに盛り上がっていきそうだ。

 3位の楽天は、4月はまだ寒さが残る東北地方の屋外球場ということを考慮すれば、観客動員は健闘している。開幕から首位を突っ走る好調さに加えて、レフトスタンド後方に観覧車を設置するなど、ボールパーク化を推し進めていることもファンの観戦意欲を高めている。

 4月はチームが好調だった西武とオリックス。月が変わってその勢いにかげりが見られる。ここが踏ん張りどころか。昨年のBクラスから脱却できれば、球場に足を運ぶファンはさらに増えることだろう。

 ロッテは、コアなファンの熱さには定評があるだけに、打線の冷え込みを何とかして、チームを押し上げたい。ファンも伊東勤監督の厳しい表情ではなく、笑顔が見たいはずだ。


 「プロ野球人気が低下…」と言われることもあるが、それは、テレビの地上派での中継が減っていて、たまに放送しても視聴率は上がらないことが背景にあるだろう。しかし、CS放送やインターネット上での中継はかつてないほど充実している。

 そして、なにより観客動員総数は近4年連続で増加し、2016年はセ・パともに過去最多を記録。今季もその勢いは続いている。少なくとも、プロ野球人気が下がっているという意見は、芯を食っていないことは付記しておきたい。

(データは5月16日現在)


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方