週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《開幕不幸列伝!》無断帰国!? 問題児っぷりも超一流だったミッチェルら、助っ人の開幕トラブル集

史上最大のお騒がせ男として名を馳せたケビン・ミッチェル(ダイエー)

毎年、多くの外国人選手が日本で活躍すべく海を渡ってくる。プロ野球ファンはまだ見ぬ新外国人選手たちに期待をかけ、胸を躍らせる。

 しかし、開幕前後に様々なトラブルに見舞われ、活躍できない選手も多い。連載企画『バッドラック! 開幕不幸列伝!!』の第3回となる今回は、開幕前後に起きた外国人選手たちの騒動を紹介したい。

足にボルト!? チャーリー・スパイクス(中日)


 チャーリー・スパイクスは1969年のドラフト1巡目(全体11位)でヤンキースに入団。1973年、1974年に2年連続で20本塁打以上を放ったが、それ以外に見せ場を作ることができず、1981年にテストを経て中日へ入団した。

 開幕戦から5番・右翼で出場。中軸として大きな期待がかけられたが、その開幕戦で自打球を当て、翌日から欠場となった。

 ここからリズムがおかしくなる。診察の際に、なぜかスパイクスはレントゲンを断固拒否。これは足にボルトが埋まっていたため、レントゲンでボルトが発見されることで、「古傷持ち」と見られるのを恐れたためだという。

 このケガのせいで2戦目から2週間以上欠場。4月中旬に復帰するものの思うような成績を残せず、6試合で打率.122、1本塁打、6打点と鳴かず飛ばずだった。

 開幕戦の自打球により調子を崩したのか。それとも、そもそも実力不足だったのか。その判断に苦しむところだが(いや、苦しまないか……)、もしあの自打球がなければレントゲンを恐れることもなく、落ち着いてプレーできたかもしれない。

東日本大震災の影響が……。ブレント・リーチ(横浜)


 2010年オフに横浜が獲得したブレント・リーチ。2010年はメジャー登板がなかったものの、マイナーリーグで通算10勝(5敗)をマーク。2009年にはドジャースで38試合に登板した実績もあり、2011年の先発ローテを担う存在として期待された。

 しかし、2011年3月11日に東日本大震災が発生。キャンプからチームに合流し順調に調整を行っていたリーチだったが、ほかの外国人選手らとともに一時帰国。リーチを除く外国人選手が再来日するなか、リーチは開幕しても姿を見せなかった。

 7月にようやく再来日となったが、調整不足がたたったのか8試合に先発して1勝7敗、防御率は5.95。期待に応えることができず、オフに自由契約となった。

 もし、震災が起きなければ、もう少し活躍できたかもしれない。


史上最大のお騒がせ男! ケビン・ミッチェル(ダイエー)


 1995年にダイエーでプレーしたケビン・ミッチェル。サンフランシスコ・ジャイアンツ時代の1989年には本塁打王、打点王の二冠を獲得した大物として鳴り物入りで来日し、さらには契約金が1億円、年俸4億円という高額契約でも話題を集めた。

 開幕戦には4番・左翼でスタメン出場すると初回、無死満塁で回ってきた初打席で本塁打を放ち、衝撃的な「満塁本塁打デビュー」を飾った。

 元々「問題児」だと懸念されていたものの、バリバリのメジャーリーガーらしい挨拶代わりの一撃で、「大爆発してくれればOK!」と、この時ばかりはファンも思ったはずだ。

 しかし、事態は懸念では収まらないレベルに……。

 開幕から約2週間で「守備の負担がある」と指名打者での起用を首脳陣に訴えたり、体の状態がよくないと欠場が増えたり、しまいに5月上旬にはアメリカへ無断帰国したり……と問題児ぶりを発揮。7月下旬に再来日し、スタメン復帰を果たしたが、態度はあらたまらず、2度目の無断帰国をした8月に解雇となった。ついに球団の堪忍袋の緒が切れたというわけだ。

 打率.300(130打数39安打)、8本塁打と試合に出場すれば、一定の活躍はしていたが、そもそも試合に出なかった(37試合)。見合わない高額年俸と問題児っぷりで強烈な印象を残したので、覚えているファンも多いことだろう。

 そのミッチェルがダイエーを去った6年後の2001年には、いとこのトニー・ミッチェルが同じくダイエーに入団。こちらは問題を起こすことなく優等生だった。しかし、65試合で打率.193と成績は振るわず。「ケビンの実力+トニーの性格」なら優良外国人選手として一世を風靡したかもしれない。


文=勝田 聡(かつたさとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方