週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【清宮幸太郎を追え!】中田翔は本塁打。日本ハム高卒新人野手のオープン戦デビューから清宮を占う

【清宮幸太郎を追え!】中田翔は本塁打。日本ハム高卒新人野手のオープン戦デビューから清宮を占う

 日本ハムの新人で唯一の1軍アリゾナキャンプメンバー入りを果たした清宮幸太郎。1月の新人合同自主トレ中に右手親指を痛めたこともあり、バットを使った練習は制限されており、守備練習を中心に汗を流している。このまま1軍に残ることができるかどうか。それはここから約1カ月の実戦にかかっている。

 そこで欠かせないのがオープン戦での活躍だ。清宮はデビュー戦から大きな注目を浴びるだろう。清宮の開幕1軍を占う上で、近年の日本ハムの高卒新人野手がオープン戦でどのようなデビューを果たしたのか見ていきたい。

高卒新人野手は出番少なめ?


 昨季の高卒新人野手は郡拓也(7位、帝京高)、今井順之助(9位、中京高)の2人だった。下位指名ということもあり、国内2軍キャンプスタートで2月を迎え、オープン戦への出場はなし。しかし、2人ともシーズンでは2軍で多くの試合に出場し、最終盤に1軍へ昇格。1年目から1軍デビューを果たしている。

 2016年の新人高卒野手は平沼翔太(4位、敦賀気比高)ただ一人。敦賀気比高3年時のセンバツではエースとしてチームを優勝に導いたが、日本ハムには内野手として入団。キャンプは2軍スタートとなったものの、オープン戦には出場している。その試合、中田翔の代打として出場した平沼は、初球から積極的にスイングし、二塁へのゴロ。わずか1試合、1打席、1球の出番だったが、大きな財産になっただろう。


■2018年高卒新人野手
清宮幸太郎(1位、早稲田実)
難波侑平(4位、創志学園高)

■2017年高卒新人野手のオープン戦成績
郡拓也(7位、帝京高):出場なし
今井順之助(9位、中京高):出場なし

■2016年高卒新人野手のオープン戦成績
平沼翔太(4位、敦賀気比高):1試合/1打数/0安打

中田は本塁打、大谷は四球と大物は結果を残す


 清宮と同じように大物ルーキーとして期待されていた先輩たちはどうだったのだろうか。

 2007年のドラフト1位入団で、清宮と一塁を争うことになる中田のデビューは圧巻だった。2008年のオープン戦初戦に7番・一塁でスタメン出場すると、高崎健太郎(当時横浜)から初打席初本塁打をマーク。その後は故障もあり、1年目の1軍出場はなかったが、名刺がわりの一発をすでにオープン戦初打席で放っていたのだ

 中田は本塁打だったが、2012年のドラフト1位で入団した大谷翔平(エンゼルス)はどうか。前代未聞の二刀流として話題を振りまいていた大谷は、チームオープン戦2試合目となる2月24日の広島戦に代打で登場。投手ではなく、まずは野手としてプロデビューを果たしている。結果は四球だったものの、プロでの大きな第一歩となった。

■中田翔と大谷翔平のオープン戦・初戦成績

中田翔(2007年1位、大阪桐蔭高):3打数1安打/1本塁打/1打点
大谷翔平(2012年1位、花巻東高):0打数0安打(1四球)

 このように中田、大谷といった超大物ルーキーは、オープン戦の初打席で凡打に終わらない結果を残している。オープン戦といえども、ルーキーにとっては決して調整の場所ではない。清宮はどのような結果を残すだろうか。右手親指のコンディションにもよるが第1打席に注目したい。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方