週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《プロ野球コスパランキング》野手編・年俸から1盗塁&1三振あたりのお値段を割り出してみた!!【盗塁ワースト5/三振ワースト5】


1盗塁のお値段/コスパランキング【ワースト5】


1位 鳥谷敬(神) 33,333,333円 12盗塁 推定年俸4億円
2位 坂本勇人(巨) 22,727,273円 11盗塁 推定年俸2億5000万円
3位 柳田悠岐(ソ) 12,272,727円 22盗塁 推定年俸2億7000万円
4位 本多雄一(ソ) 12,000,000円 15盗塁 推定年俸1億8000万円
5位 秋山翔吾(西) 8,823,529円 17盗塁 推定年俸1億5000万円
※対象は10盗塁以上した野手

(成績は8月28日現在、1盗塁の値段は小数点以下四捨五入、神=阪神、巨=巨人、ソ=ソフトバンク、西=西武)

不振を極めたあの選手がワーストコスパ


 1盗塁あたりの値段が高い(=コスパが悪い)野手のランキングがこちら。

 本ランキングでは「本来は盗塁するキャラではないのに、たまたまひとつふたつ盗塁を記録したためにランクイン」という状況を防止するために、10盗塁以上というハードルを設けている。

 盗塁部門のコスパランキングワースト1位は阪神の鳥谷敬。2013年WBCのチャイニーズタイペイ戦で、絶体絶命の場面で盗塁を決めたことから走れるイメージがあるかもしれないが、これまでのシーズン最多盗塁は2011年の15個。

 それを考えれば、今季の数字は決してひどいわけではない。ただ、推定年俸がチーム最高の4億円と超高額。コスパはどうしても悪くなってしまう。


日本一のリッチ球団からは2選手がランクイン


 ソフトバンクからは、3位に柳田悠岐、4位に本多雄一がランクイン。総年俸が12球団一で高給取りが多いだけに、コスパランキング各部門のワーストにちょいちょい名前が出てしまうのは致し方ないところ。

 柳田は昨季のトリプルスリー達成で一躍名を挙げたが、2014年も32盗塁を記録している。本多も2010年に59盗塁、2011年に60盗塁で、2年連続タイトル獲得の実績あり。その数字からすると、両選手とも故障による離脱があったとはいえ、今季の盗塁数はやはり物足りない。

1三振のお値段/コスパランキング【ワースト5】


1位 鳥谷敬(神) 5,633,803円 71三振 推定年俸4億円
2位 坂本勇人(巨) 4,629,630円 54三振 推定年俸2億5000万円
3位 村田修一(巨) 4,545,455円 66三振 推定年俸3億円
4位 糸井嘉男(オ) 4,057,971円 69三振 推定年俸2億8000万円
5位 中村剛也(西) 4,019,608円 102三振 推定年俸4億1000万円
※対象は50三振以上した野手

(成績は8月28日現在、1三振の値段は小数点以下四捨五入、神=阪神、巨=巨人、オ=オリックス、西=西武)


三振部門でも鳥谷がワーストに


 続いては1三振あたりの値段(=コスパが悪い)野手のランキング。

 三振部門のコスパランキングワースト1位も、盗塁部門に続いて鳥谷。9月22日終了時点での三振数は、チーム4位。高山俊(チーム2位)や北條史也(同3位)よりは少ないのだが、やはり年俸の高さでこのポジションに。

 今季の鳥谷は攻守に渡って精彩を欠き、阪神首脳陣や阪神ファンの悩みの種となっていた。推定年俸4億年の5年契約は2019年まで残っている。今季のような状態が来季以降も続くようだと、虎党のフラストレーションはさらに高まること必至。復活を期待したいが……。


高年俸“神セブン”から3人がランクイン


 ちなみに、推定年俸3億円以上の日本人野手は7人。そのうち三振部門のコスパランキングワースト5には、1位に鳥谷、3位に村田修一(巨人)、5位に中村剛也(西武)と3人がランクインしている。

 なお、残る4人は、阿部慎之助(巨人)、中島宏之(オリックス)、内川聖一(ソフトバンク)、松田宣浩(ソフトバンク)だが、阿部、内川、中島は三振が50個以下、松田はワースト6位だった。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方