週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2015夏の高校野球】《三重観戦ガイド》有望選手と大会展望&勢力ピラミッド

7月10日〜26日(四日市営霞ヶ浦球場)

菰野3投手はじめプロ注目の快腕集う夏
山井・出口ら三重の飛ばし屋勢に熱視線

☆★☆ 投手編 ☆★☆


●菰野に140キロ台トリオ


 好投手輩出県のイメージにたがわず、今年も素質の高い投手が揃った印象だ。中でも菰野の3投手は、バラエティに富み実力も十分で、プロ球団スカウトから注目を集めている。ここまで背番号1をつけてきた山田大樹は投打両面で逸材だ。スリークオーターから力強い球を投げ込む一方、スムーズなハンドリングで球をとらえ、打った瞬間本塁打とわかる打撃も魅力。将来性を考えると、投手よりも打者として推す声がスカウト間で大きくなっている。横井希は一冬越えてメジャーリーガーのような体格に変わり、春は短いイニングをパワーで抑え込んだ。永田将也は上半身が柔らかく、投手としての才能や将来性は3人の中で最上位に位置付けるスカウトもいる。

●夏に間に合わせたい好素材陣

 プロ注目の投手は菰野だけではない。中津友志(三重)は3月にヒジの張りを訴え、春季県大会ではベンチを外れたが、5月に実戦登板を再開。スカウトから視察や問い合わせも相次いでいる。西田昂洋(近大高専)も左肩脱臼で出遅れたが、県大会終盤にマウンドに上がり、5月の練習試合では136キロをマークした。久保弘我(宇治山田商)は昨年1年間、部の不祥事による反省期間で実戦を離れていたが今春に復帰。本調子には程遠かったものの素材のよさは際立っている。1年時の快投を取り戻せるか、注視していきたい。

 この他、右投手では福西喬(津)が公立の進学校ながら140キロ台のストレートを投げる。制球に課題はあるが石川雄基(津商)も速球派の1人だ。今春県大会では霞ヶ浦球場のスピードガンで138キロをマークした。身長182センチの三輪航平(三重)は今春からサイドスローに転向。まだインパクトに欠けるものの腕の振りはスムーズで、将来性を感じさせてくれる。

 左腕では祝大祐(いなべ総合学園)が体の使い方がうまく、130キロ台後半のストレートにノビがあり打者にとって打ちづらい。


▲永田将也(菰野)


☆★☆ 打者編 ☆★☆

●甲子園アーチ男に一層のオーラ


 県ナンバーワン打者は、昨夏の甲子園準決勝で本塁打を放った山井達也(三重)。体躯がよく立ち姿に華があり、遊撃の守備位置ではいかにも快活な陽性オーラを放出している。今春の県大会では、山井の打席でビデオを回すプロ球団スカウトの姿も見られた。

 飛ばす能力なら出口匠(津田学園)が随一で、プロ注目の巨砲だ。打ち損じが少なく打率も高い。下級生時からスイングが目立っていた西村幸範(松阪商)も一冬越えてパワーアップ。その分、春はやや体のキレを欠いたが、振り込めばさらに怖い打者に進化しそうだ。野村蒼意(宇治山田商)、小西康介(三重)も痛烈な打球を放つ。

 この他、リストの強いスイングをする宮崎柊林(海星)、フィールディングは県下屈指の近沢康平(四日市工)の名前も挙がる。身長190センチの松本伶磨(津田学園)は大型だが動きがよく、「守備範囲が広く、守備は高校生でもトップクラス」と佐川竜朗監督が太鼓判を押すほどだ。

 2年生では浜田大輔(津田学園)が50メートル5秒8と俊足で、思い切りのいい打撃も光る。


▲山井達也(三重)


☆★☆ 大会展望 ☆★☆

●いなべ総合学園を菰野が追走


 昨秋、今春と県大会を制したいなべ総合学園が本命。祝大祐ら3人の左投手は打者にとって打ちづらく、打線にもスキがない。一方、目下2年連続で準優勝に終わっている菰野も今度こその構え。展開次第で逆転もある。昨夏は前評判通りの強さで三重県を制し、甲子園でも決勝まで勝ち進んだ三重は今年、投打にもう一押しほしいところ。それでも、エースの中津友志が万全なら一気に頂点も見えてくる。この3校を中心に、近大高専や海星、津商、宇治山田商が上位にからむ。

地区勢力ピラミッド

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方