週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【ドラフト特集】《北海道日本ハムファイターズ》補強ポイントとドラフト指名予想

【この記事の読みどころ】
・その年に一番評価した選手を1位で指名する一貫したスタイル
・近年の流れを見ると、さらっと交渉権を獲得しそう!?
・左の先発候補と左の内野手の補強は必須


☆今年も交渉権獲得なるか

 その年に一番評価した選手を1位で指名するスタイルは一貫している日本ハム。その上、競合したときのクジ運もいい。昨年は4球団競合の末、有原航平の交渉権を獲得した。今年、日本ハムが一番評価している選手は、そして競合しそうな選手は誰だろうか。

 県岐阜商高の高橋純平は、高校ナンバーワン右腕。ケガの回復具合は気になるが、同じくケガをしていた有原を焦らず治療に専念させたように、日本ハムは環境が整っている。競合確実ともいわれているが、近年の流れを見ていると、日本ハムがさらっと交渉権を獲得する姿が今から目に浮かぶ。


☆左投手の補強が必要

 では、現実的な補強ポイントはどこか。1軍の戦力となっている左の先発は吉川光夫ひとりで、リリーフも宮西尚生、石井裕也の2人。武田勝にそう多くは望めず、左投手をまず獲得したい。花巻東高の高橋樹也はカーブ、スライダー、チェンジアップと変化球が豊富で、ストレートもコンスタントに140キロを超える。リリーフなら早い段階から1軍で登板する機会があるだろう。


 ヤマハの長谷川亮佑は、ストレートが微妙に動くところなど武田勝によく似ている。制球力は武田ほどないが、先発で生きるタイプだ。左の軟投派として、武田勝の後継者になれる。

☆左の内野手と右の外野手

 野手では、左打ちの内野手が不足気味だ。西川遥輝は内野手登録だが、来季以降も外野を守ることが濃厚で、そのほうが西川も力を発揮できる。そうなると、左打ちの内野手は3人だけとなる。

 ヤマハ・河野拓郎は、シャープな振りと、ここ一番での集中力が魅力。即戦力として内野の争いに入っていける。

 田中賢介の年齢を考え、将来的なことも見据えると二遊間を守れる選手も必要だ。専大松戸高・渡邉大樹は、打力、脚力など潜在能力が計り知れない。何かやってくれそうな雰囲気を持っている。日本ハムは大学・社会人の野手をあまり指名しない傾向にあるが、それも高校生野手の育成に自信があるからだろう。渡邉もそういった環境で能力をさらに伸ばせる可能性がある。

 左打ちに比べて少ない右打ちの若手外野手。大阪偕星学園高・姫野優也、鳥取城北高・布袋翔太の長打力は魅力だ。

 中田翔に匹敵するスラッガー候補としては、初芝橋本高・黒瀬健太の名前が挙がる。圧倒的に飛距離は札幌ドームも苦にしない。

☆補強ポイント&オススメ選手

No.1を指名する日本ハムらしさ
高橋 純平
(投手/県岐阜商高/右右)

早い段階で抜擢されそうな高卒左腕
高橋 樹也
(投手/花巻東高/左左)

手薄な二遊間かつ左打者をW補強
河野 拓郎
(内野手/ヤマハ/右左)

スケールが大きい高校生遊撃手
渡邉 大樹
(内野手/専大松戸高/右右)


右打ち外野手に厚みをもたせたい
姫野 優也
(外野手/大阪偕星学園高/右右)

カッコ内は左から、ポジション/経歴/投打

※この文面は『野球太郎No.016 2015ドラフト直前大特集号』より、抜粋しております。詳しくご覧になりたい方は、是非とも本誌をお買い求めください。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方