週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

練習試合4戦3発! 低迷する中日を救えるか? 新外国人選手・ゲレーロが大暴れの予感


 昨シーズンは19年ぶりの最下位、しかも2リーグ制となった1950年以降では、球団史上ワーストの4年連続Bクラスという不名誉な成績に終わった中日。

 攻守が噛み合わない試合を重ねたことで、悲惨な結果となってしまったわけだが、どちらかと言えば、攻撃面の責任のほうが重いように見える。

 というのも、チーム防御率は3.64でリーグ4位、失策の少なさも同2位と、ディフェンスはまずまず頑張った。

 しかし、チーム打率は.245で最下位の阪神と僅差のリーグ5位(中日のチーム打率は.2451、阪神のチーム打率は.2445)。本塁打も89本でリーグ最下位と、打撃陣が振るわなかった。

メジャーで11本塁打の新助っ人


 低調に終わった打線をテコ入れすべく補強したのがキューバ出身のゲレーロだ。2016年は故障もあってメジャーでの出場はなかったが、2015年はドジャースで106試合に出場し、11本塁打を放っている。自身も「パワーと勝負強さが持ち味」と語っているように、長打力が魅力の右打者だ。

 そのゲレーロが、キャンプ地の沖縄で快音を響かせている。1月29日に合同自主トレから合流したゲレーロは、キャンプに入ると実戦形式の打席で快打を連発。

 まず、2月10日に行ったシート打撃で、開幕投手が濃厚と見られる大野雄大、期待のドラ1ルーキー・柳裕也へあいさつ代わりの1発をお見舞いすると、12日のハンファ(韓国)との練習試合では、センター右とレフトポール際への2発。19日の楽天との練習試合でも左中間スタンドに放り込んだ。

 この日までの練習試合4戦で10打数6安打、3本塁打、6打点と、1億5000万円プラス出来高(推定)という年俸を裏切らない活躍を見せているのだ。

 しかも、内外野どこでも守れるユーティリティープレイヤー。森繁和監督は「打順は3番、守備位置は未定」と入団会見時に話したように、空いているポジションに当て込んでいく方針のようだ。

打線が活性化すればスタートダッシュも!?


 昨年は、ビシエドがシーズン序盤に旋風を巻き起こした。阪神との開幕3連戦で3試合連続ホームランを放ち、鮮烈な日本デビュー。4月末までで9本塁打23打点と好調をキープしていた。

 ところが、交流戦で打率.182と落ち込んだことが尾を引いたのか、最終的には打率.274(チーム2位)、22本塁打(同1位)、68打点(同2位)という成績に落ち着いた。悪くはなかったが、チームをAクラスに引き上げる活躍はできなかった……。

 今年こそ、新外国人のゲレーロが中日の救世主となれるか。本当の勝負は開幕してからだが、このままゲレーロが好調を維持し、ビシエドや平田良介といった中軸が刺激を受けて発奮するようだと、中日のスタートダッシュが見られるかもしれない。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方