週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

ねぇ知ってる?現在の三塁打王、最多敗投手は?タイトル外のスタッツ王者は誰だ!〜パ・リーグ編

 パ・リーグといえば、秋山翔吾(西武)と柳田悠岐(ソフトバンク)のハイレベルな首位打者争いが繰り広げられてきた。柳田の数字が少し落ちてきたが、ここから巻き返せるか、どうか。そこのところも含めて、まずは改めて、主要タイトルランキングの上位選手と数字を確認してみよう。(7月31日の試合前時点)

【首位打者】
秋山翔吾(西武)    .375
柳田悠岐(ソフトバンク).360

【本塁打王】
中村剛也(西武)  29本
中田 翔(日本ハム)24本

【打点王】
中村剛也(西武)  92打点
中田 翔(日本ハム)68打点

【最優秀防御率】
大谷翔平 (日本ハム) 1.79
ディクソン(オリックス)2.28

【最多勝】
大谷翔平  (日本ハム)  11勝
スタンリッジ(ソフトバンク)9勝
イ・デウン (ロッテ)   9勝

 ちなみに、打率3位の近藤健介(日本ハム)の.339はセ・リーグだと1位になれる。本塁打、打点で、中村は群を抜いた成績で、順調に行けば、タイトル獲得は間違いないだろう。

 さて、ここからがマニア向けのスタッツ外のランキングだ!

【二塁打王】
中村剛也(西武)27本
秋山将吾(西武)25本

 表彰されるタイトル争いにも関わる2人が現在のところトップ争い。3位には清田育宏(ロッテ)と森友哉(西武)が24本で並び、陰のスタッツ王座に挑む。記録マニアとしては清田、森の上昇に期待したいところだ。

【三塁打王】
西川遥輝(日本ハム)8本
秋山将吾(西武)  5本
角中勝也(ロッテ) 5本
根本俊一(ロッテ) 5本

 日本ハムの韋駄天・西川が俊足と本拠地の利を生かして堂々のトップ。西川は昨年も13三塁打でリーグ最多。今年も三塁打王は当確だろう。ちなみに、ほぼ毎年、三塁打王は本塁打より三塁打が多い「俊足タイプ」の選手が輝いている。

 本塁打より出現率が低いにも関わらず、1点以上入る本塁打よりプライオリティが低い三塁打。理不尽な魅力が詰まったスタッツだ。

【三振王】
中村剛也(西武)119三振
メヒア (西武)105三振

 昨季、34本塁打でダブル本塁打王に輝いた西武の巨砲2人が現在トップ。昨年は西川遥輝(日本ハム)も139三振で3位だったが、今年は79三振と確実さを増して見事ランク外(7位)。「マン振り」で有名な柳田悠岐(ソフトバンク)も64三振(10位)とさらなる進化をうかがわせる(昨年は131三振で4位)。

 今年の3位、4位は森友哉(西武/98三振)、浅村栄斗(西武/81三振)と続き、西武勢が独占中。豪快なバッティングも魅力的だが、もしかするとそのあたりも現在の順位に繋がっているのかも……。昨年記録した年間最多三振のチーム記録「1234」には、現在のペースだと届かないが、1200三振は超えてきそうだ。

【四球王】
柳田悠岐(ソフトバンク)47四球
中田 翔(日本ハム)  47四球
ペーニャ(楽天)    45四球

 勝負を避けたくなる強打者がランクイン。柳田と首位打者を争う秋山翔吾(西武)は早打ちタイプのため33四球で14位。出塁率で見れば、柳田.453、秋山.431で2分以上の差が開いている。また、ペーニャは他の四球数上位の選手と比較して、80〜100打席少ないことも記しておきたい。

【死球王】
浅村栄斗(西武)    11死球
柳田悠岐(ソフトバンク)10死球

 浅村、柳田と踏み込みが深いバッターがワンツー。昨年は17死球でT−岡田(オリックス)がトップだったが、今年は6死球と微減。昨年、14死球で3位の糸井嘉男(オリックス)も現在13位の5死球。

 チームの調子とも大きく関わるのがこのスタッツだ。中島裕之(オリックス)は9死球で3位タイだが、これは中島の弱点によるところが大きいだろう。

【犠打王】
今宮健太(ソフトバンク)23犠打
鈴木大地(ロッテ)   20犠打

 昨年62犠打で断トツのトップに輝いた今宮が今年も首位。3連覇に向かって視界良好だが、3年連続62犠打まで増やすことは難しそうだ。2位はロッテの鈴木。昨年は22犠打で終わったが、ここに来て“バントの神様”からのささやきがあったか!?

【得点圏首位打者】
中村 晃(ソフトバンク).415
柳田悠岐(ソフトバンク).410

 首位を快走するソフトバンクの主力2人が熾烈な争いを繰り広げる。1番、2番、6番と役割が変わりながらも、ここぞの場面で役割を果たす中村はさすが。

 柳田は西武・秋山の出来次第では、表彰タイトル無冠で終わる可能性もあるが、この数字は立派すぎる。プロ野球界を担う男の証明と言っても過言ではないだろう。



【最多登板】
増田達至(西武)46登板
武隈祥太(西武)45登板

 佐藤達也(オリックス)が67登板、福山博之(楽天)が65登板した昨季と打って代わって、今年は西武の2投手がフル稼働中。オールスターゲームに選ばれた増田は、7月24日に自責点6、7月29日に自責点5を負ったために、防御率5.08となってしまった。疲れが溜まってきたところなのだろうか。その影響もあるだろう、オールスター以降、白星がなく7月30日まで9連敗中。大いに影響が出てしまっている。

【最多完投】
大隣憲司(ソフトバンク)3完投
則本昂大(楽天)    3完投
岸 孝之(西武)    3完投
大谷翔平(日本ハム)  2完投
中田賢一(ソフトバンク)2完投
石川 歩(ロッテ)   2完投

 DH制があるにも関わらずセ・リーグと比べて一枚落ちる完投数。その背景には、各チームのクローザーの防御率が0点台、1点台で充実していることがある。ここから終盤の熾烈な戦いに向けて、エース格がどこまでがんばれるか。昨年は則本が9完投でトップ。

【最多投球回数】
則本昂大(楽天) 128.1回
石川 歩(ロッテ)116回

 昨年は202.2回で気合いを見せた則本が今年もトップ。昨年、160回を投げた石川も2位につけており、イニングイーターの素質が出てきたか。


【最多与死球】
中田賢一(ソフトバンク)7与死球
涌井秀章(ロッテ)   7与死球
塚原頌平(オリックス) 6与死球
ほか4投手が6与死球

 トップタイの中田と涌井は、2人とも内角を突くタイプで、昨年も上位にランクインしていた。与四球数でもこの2人が1位(中田)と2位(涌井)である。

【最多敗】
ディクソン(オリックス)8敗
則本昂大 (楽天)   8敗
牧田和久 (西武)   7敗
石川 歩 (ロッテ)  7敗
涌井秀章 (ロッテ)  7敗
美馬 学 (楽天)   7敗

 下位球団のエース格がランクに入る結果に。はっきり言って、この6人はともに防御率は3点台中盤以下で、ここまで負け数がかさむような投球はしていない。野手陣は猛省すべきところだろう。

 エース格の力投と打線の歯車を合わせるところが下位球団の課題。裏を返せば、それができれば上昇の可能性もある、ということになるだろう。

(文=落合初春)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方