週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 島根みどころ】レベルは拮抗、飛び抜ける投手は出るか 飛ばすタイプの右打者が競い合い、成長

投手編〜出雲地区の右腕がリード

紙田貫
 紙田貫(大社)と森廣健太(出雲商)の出雲地区の右腕2人が今年の県を代表する好投手だ。1年夏から登板を重ねる紙田は、スライダーとチェンジアップを巧みに出し入れする投球術が持ち味の勝てる投手。昨夏以降は外部コーチと連携して、フォームの改善にも力を入れ、ストレートの威力を向上させた。調整が狂わなければ、県内での大量失点は考えにくい。2年生エースとして昨夏の4強入りに貢献した森廣は、好不調のムラはあるものの、一つひとつのボールは一級品。好調時の伸びるストレート、変化点が打者に近いスライダーは、文句なしで地区トップレベルの球質を誇る。

 秋はクローザーとしてチームの躍進を支えた倉橋尚成(矢上)も、この2人に負けず劣らずのポテンシャルを秘める。均整の取れた体格から投じるストレートには、球速以上の“圧”が充満。
 他にも、マウンド度胸と繊細な変化球操作が光る為石大智(浜田)、1年春から投手陣に食い込んだ伸び盛りの2年生・佐藤辰憲(石見智翠館)ら、硬軟両タイプの右腕が夏を盛り上げてくれそうだ。

 胸のすくような腕の振りとピンチでの粘りが秀逸な勝山優希(三刀屋)、ゆったりしたフォームからクロスファイアーを叩き込む渡井比呂夢(立正大淞南)、躍動感のあるサイドスロー・原田浩希(大東)らの左腕も、春から夏にかけてひと伸びしてきそうだ。

 春の県大会決勝でデビューした1年生の三ケ尻楓、北野文也(ともに大社)は、遠くないうちに「左右のWエース」として注目されそうな好素材。粗削りだが、米山和希(松江東)の角度あるストレートは一芸的な魅力あり。

野手編〜右打者の好素材を見逃すな

木村維心
 東西の右打者2人が現時点では目立っている。田部隼人(開星)はストレートも軽々引っ張り込めるスイングの強さが魅力。逆方向への合わせ方に物足りなさがあったが、春は左投手のクロス気味のストレートを右中間に弾き返すなど、広角打法も身につけつつある。
 長距離砲として存在感を放つ木村維心(矢上)は、トップを深く取りながらも立ち遅れない懐の深さが最大の武器。甘く入ったボールを逃さず長打にするなど、打撃は別格の雰囲気が漂いつつある。

 木村とともに矢上打線を牽引する奥野裕剛は、秋から筋力が大幅アップし、一振りに怖さが出てきた。長打で相手の出鼻を挫く、破壊力抜群のリードオフマンとして夏も駆け抜ける。

 昨夏の甲子園を経験した安田陸人(益田東)も県を代表するロングヒッター。夏は捕手から本職の一塁に戻り、バットでチームの連覇貢献を誓う。
 関山愛瑠斗(石見智翠館)の積極性と攻守のスピード感、波田野大愛(浜田)の弾丸ライナーも見逃せない。

 左打者では器用さとパンチ力が魅力の女鹿田大輝(大東)、体重移動の改善とフィジカル強化で打撃覚醒中の山口翔大(島根中央)、速球に滅法強い後藤裕斗(三刀屋)、外野守備で見せる強肩も楽しみな錦織圭伍(平田)、高いコンタクト能力を持つ中田進太郎(浜田)、春8強入りで4番への気後れがなくなってきた2年生スラッガー・山本大貴(松江北)に期待したい。

大会展望〜大社、県内11年ぶりの秋春夏“3冠”なるか

島根地区勢力ピラミッド
秋春連覇の大社が本命だが、1強状態ではなく、僅差で追いかけるチームがひしめいているのが今年の特徴。
打力は県内トップの矢上、夏の仕上げ方に定評のある開星、立正大淞南、石見智翠館の私立3校もこのままでは終わらない。
複数の投手とハイレベル野手陣を揃える浜田にもチャンスあり。大社が逃げ切り、2008年の開星以来となる秋春夏完全制覇を達成するのか、ノーシード校を含めたライバル校が待ったをかけるのか。
今年も一筋縄ではいかなさそうだ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方