週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

これで一流選手の仲間入り! プロ野球入団初の年俸1億円到達者たち


 1月19日、DeNAの若き主砲・筒香嘉智が契約を更改。球団史上最速となる推定年俸1億円の大台に乗せたことが話題となった。

 今では珍しくなくなったとはいえ、やはり年俸1億円は、一流選手の証明である。このオフの契約更改でも多く選手が結果を残し、大台を突破した。


入団初の1億円超えを達成した日本人選手


【パ・リーグ】

柳田悠岐(ソフトバンク)
2億7000万円(1億8000万円増)

秋山翔吾(西武)
1億5000万円(8800万増)

炭谷銀仁朗(西武)
1億円(1000万円増)

西野勇士(ロッテ)
1億円(4000万円増)

西勇輝(オリックス)
1億2000万円(2500万増)

【セ・リーグ】

山田哲人(ヤクルト)
2億2000万円(1億4000万円増)

川端慎吾(ヤクルト)
1億6000万円(7500万増)

小川泰弘(ヤクルト)
1億円(3500万円増)

澤村拓一(巨人)
1億円(5200万円増)

藤浪晋太郎(阪神)
1億7000万円(8500万増)

大野雄大(中日)
1億800万円(6300万円増)

筒香嘉智(DeNA)
1億円(5400万円増)

山田だけじゃない! ヤクルトの1億円超え選手


 1億円を飛び越えて、一気に「ダブルミリオン」までジャンプアップしたのが、トリプルスリーを達成した柳田悠岐と山田哲人だ。

 柳田は1億8000万円増、山田も1億4000万円増と、プラス分だけでも1億円超。両選手とも、歴史的とも言える好成績でリーグ優勝の原動力となり、さらには観客動員やグッズの売り上げ等にも大きく貢献した。年俸「爆上げ」にも、多くのファンは納得したのではないだろうか。

 その山田を含め、躍進した選手が多かったのがヤクルト。首位打者を獲得した川端慎吾や、入団3年目にして2度目の2ケタ勝利を記録した小川泰弘に加えて、かつて1億円以上の年俸だったため上記に名前はないものの、故障から復活して6勝を挙げた館山昌平も3000万円増の1億2000万円で契約している。


筒香は一流選手の仲間入り


 他にも、年間安打数のプロ野球記録を更新した秋山翔吾、14勝に最多奪三振のタイトルを獲得した藤波晋太郎、クローザーとして完全に定着し36セーブを記録した澤村拓一など、当然ながらきっちりとした成績を残した選手が多い。

 チームは最下位ながら、4番打者として打率.314をマークし、侍ジャパンでも活躍した筒香嘉智は、高卒野手としては球団最速(7年目)での1億円到達。

 記者会見では、2016年の目標を「100打点」と語った筒香。ラミレス新監督の門出を飾るためにも、4番のバットにかかる期待は大きい。
※金額は推定


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
2018ドラフト特集 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方