週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2017夏の高校野球】《宮崎観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

競い合う藤谷と森、揃って覚醒となるか
延岡・小幡は来年有望株、目指せ全国区


投手編 〜藤谷を中心に好素材がズラリ〜


【2017夏の高校野球】《宮崎観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 一時は成長停滞が危惧されていた藤谷勇介(延岡学園)だが、春以降は力強い投球を取り戻しつつある。最速145キロのストレートを中心にタテ・横2種類のスライダーとチェンジアップで常に優位を保った投球を演じる姿に、昨年阪神入りした兄・洸介を凌ぐと言われるポテンシャルの一端を垣間見ることができる。
 ここにきて急成長を遂げているのが森遼大朗(都城商)だ。伸びのあるストレートは上から下へと綺麗な軌道を描き、体重の増加に合わせて増した球速は春季大会中に143キロを計測した。左打者に対する変化球を覚えれば、十分に藤谷と県ナンバーワンを争う存在となるだろう。
 豊富な投手陣を擁する宮崎日大にあって、140キロ超のストレートで群を抜く存在感を発揮しているのがエースの木幡倫太郎だ。スライダー、フォークと高速系の変化球を得意としており、最速は一部で147キロを叩いたとの噂も飛び交っている。
 戸郷翔征(聖心ウルスラ学園)も143キロにまで増速。身長183センチの2年生右腕で、今後の内容次第で来季の宮崎を代表する存在となるかもしれない。また、チームメートの右腕・上村奎仁も制球力はなかなかのレベルだ。
 上野椋太(日南学園)は最速が130キロ前後と球速に頼る投球ができない点を、積極果敢な内角攻めで補う。とくに右打者へはストレート、ツーシームで踏み込ませない。
 右腕の馬場瑞樹(延岡)は長い手足を柔らかく使いこなし、130キロ台中盤のストレートで力勝負を挑む。投げっぷりのよさでは小倉龍成(日向学院)も負けてはいない。昨秋準優勝に貢献した高千穂の両左腕も面白い。工藤泰治は低い打点からキレのあるチェンジアップを投げ、2種類のカーブで打ち気にはやる打者を手玉に取る。馬原希琉は切れ味鋭いスライダーと130キロ超のストレートを駆使した強気の投球が見応え十分だ。

野手編 〜3強に打のタレント集中〜


【2017夏の高校野球】《宮崎観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 高野大成(延岡学園)は166センチという小さな体に柵越えを連発する馬力を秘める。Honda熊本でプレーするOBの長池城磨を思わせるパンチの効いた強打者だ。延岡学園には好守強打で斬り込み隊長を務める小幡竜平ら野手のタレントも多い。順調に成長を続ければ、小幡は来秋のドラフト候補に名を連ねるだろう。
 日南学園はさすがのタレント量を誇る。甲子園を経験した安打製造機の芳賀憲伸、大型遊撃手の中阪颯太、率を残すために生まれてきたような柔らかいリストを持つ4番の金丸駿汰、好守にハイレベルな河野公佑ら名を挙げればきりがないほど。中でも長い足を生かして広大な守備範囲をカバーする中阪の守備は一見の価値アリだ。
 長打力なら宮崎日大か。恐るべきヘッドスピードの佐藤俊希や藤岡陸、投手としても制球力が非凡な伊藤光眸、そして1年生時から驚弾を連発している清田海成が強烈な打球を左右に打ち分ける。
 巧みなバットコントロールの甲斐治充(鵬翔)、1番を打つ攻撃型捕手の木之下天晟(都城農)などもマークしておきたい存在だ。

大会展望 〜3強を脅かす高校は現れるか?〜


エース・藤谷を中心に140キロ前後を叩く投手が複数名いる延岡学園が優位と見る。小幡や高野ら打線の軸も安定していることから、ヒジの故障で出遅れている左腕の吉武壮太が間に合えば盤石の体制が整う。対抗は春の覇者、日南学園と投打に強烈なタレントを有する宮崎日大。とくに試合巧者の日南学園はトーナメントにおける安定感が群を抜いている。春準優勝の宮崎南や秋優勝の鵬翔、準優勝の高千穂など、台風の目になりそうな第2集団の動向も気になるところだ。

【2017夏の高校野球】《宮崎観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド


野球太郎 No.23
「2017夏の高校野球&ドラフト特集号」

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方