週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・滋賀の有望野手を紹介します!

【滋賀・野手編】ドラフト関連度C

センス溢れる巧打者に注目

 大砲こそいないが、楽しみな逸材は点在する。俊足巧打で注目されるのが堀口祐真(近江)。50メートルを6秒フラットで駆け抜け、しぶとい打撃でチャンスメークする格好の1番打者だ。昨春の甲子園を経験した捕手の津坂純も、キャッチングセンスが高いだけでなく、打ってはミート力に長け、小柄さを感じさせない鋭い打球を飛ばす。今春は腰痛で出場機会が少なかったが、最後の夏に万全な姿でチームを牽引する。

 同じ捕手では、中村迅斗(滋賀学園)も2年生ながら巧みなリードに加え、長打力も非凡。ハートも強く、下級生ながらリーダーシップも併せ持つ。

 1年秋からレギュラーを担う松本航一朗(比叡山)は、昨春の1番打者から、今春は不動の3番打者に。ややパワーに欠ける部分はあったが、広角に打ち分ける能力が高く、攻撃の要を担う。桃原里文(北大津)も、走攻守にバランスが取れ、特に守備範囲の広さには定評がある。保力斗(綾羽)は、長打力は県内トップクラス。遠くに飛ばすパワーは高校生離れしており、今春の県大会では本塁打を放ち、非凡なセンスを見せつけた。

 大橋真之介(八幡商)は、力強いスイングで長打を量産する。同じ中軸を打つ坪田拓磨はミートセンスだけでなく俊足を生かした走塁にも注目したい。

【注目選手】堀口祐真(近江)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方