週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【1962】開場式にはパ・リーグ6球団が集結!“光の球場”東京スタジアム、下町に生まれる

大毎オリオンズのオーナー・永田雅一氏が身銭を切って建設費をまかなったとされる野球場・東京スタジアム。その開場式は盛大に行われ、その日の試合には関係ないパ・リーグの球団の選手も集まった。当時の最新設備が導入されており、いまでいうバリアフリーの概念も用いられていた。その中でも、特に高照度の照明は、平屋や工場の多い南千住において、異彩を放つ存在だった。この光景が“光の球場”と呼ばれる由縁である。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方