週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【プロ野球選手“ザ・怪童時代”】新庄少年は見よう見まねで一発バク宙成功。桑田真澄、前田健太は!?

文=勝田聡

【プロ野球選手“ザ・怪童時代”】新庄少年は見よう見まねで一発バク宙成功。桑田真澄、前田健太は!?
子どもたちにとって人気スポーツのひとつでもある野球。しかし、その門は狭く、毎年100人ほどしかドラフトで指名されることはない。これは、東大に入学するよりもかなり低い確率でもある。その狭き門をくぐり抜けたプロ野球選手は、小さい頃から規格外のエピソードに事欠かない。そんなプロ野球選手達の“怪童時代のエピソード”を紹介する。

新庄は運動神経抜群!


 日本では阪神、日本ハムでスター選手として活躍し、メジャーリーグでも日本人野手として初めてワールドシリーズに出場した新庄剛志。どこに行ってもその存在感は際立っていたが、実は日米を含めて打率3割に到達したことは一度もない。しかし、日米通算17年間にわたって長く現役生活を送ることができたのは、圧倒的なスター性、そして守備面での貢献が非常に大きい。

 守備力はもちろんプロ入り後も上達するものだが、アマチュア時代から一定以上のセンスは必要だ。新庄はそのセンスが学生時代から抜群だった。体育の授業で教師が披露したバク宙を目の当たりにし、見よう見まねで挑戦すると一発で成功したのだ。恐怖心などなく、一発で成功するあたり運動センスの塊だったとしか言いようがない。

 敬遠の投球をサヨナラ安打したり、オールスターゲームでは黄金バットを使用するなど、新庄には“おもしろエピソード”が目立つ。しかし、当然それだけではなく、運動神経が少年時代かセンス抜群に良かったのだ。

桑田は中学時代からコントロール抜群


 174センチと小さな体ながら現役通算173勝をマークした桑田真澄。PL学園時代は1年からエースとして5季連続甲子園に出場し、戦後甲子園のアンタッチャブルレコードとなっている甲子園通算20勝をマークした怪童である。

 その桑田は中学生時代から実力はケタ違いだった。中学の頃にバッテリーを組んでいた西山秀二(元広島ほか)は「ミットを構えたところにしかボールがこない」と語っているほどだ。プロの選手でも苦労する制球力を中学生時代から持っていだのだ。

 時代が違うとはいえ、この制球力があったからこそ、過酷な甲子園をストレートとカーブの2球種のみで乗り切れたに違いない。

前田健太は水泳でも一流?


 目的は様々だろうが、少年時代に水泳を習っていたプロ野球選手は多い。菅野智之(巨人)や藤浪晋太郎(阪神)もそうだ。そのなかで習うだけでなく、ずば抜けた成績を残していたのが前田健太(ドジャース)だ。

 前田は2歳の時から10年以上も水泳を習っており、小学3年時には西日本一になるほどの腕前だった。当時のコーチからは「水泳の世界で本格的にやれ」と言われたが野球を選択。その後、PL学園から広島を経て、今ではドジャースでプレーしている。

 一流の選手は野球だけでなく、その他のスポーツでもトップレベルの実力を発揮しているのだ。

メジャー選手の怪童ぶりも凄い


 ナショナルズのスター選手であるブライス・ハーパー。メジャーデビューを果たした2012年から昨シーズンまでの6年間で150本塁打を放ち、MVP、本塁打王を獲得するなど、超一流の選手の仲間入りを果たした。今シーズンオフのFAでは史上最大規模の契約となることが予想されている。

 ハーパーは入団前からその名を全米中に轟かせていた。その注目度は16歳ながらスポーツ誌『Sports Illustrated』の表紙を飾るほど。高校時代の打率は5割を超え、年代別のアメリカ代表にも選ばれていたが、それでも尚、ハーパーの浸透ぶりは異例のことだった。日本で例えると、根尾昂(大阪桐蔭高)が雑誌『Number』の表紙を飾るようなものだろう。

 よくある「子どもの頃は怪童だった」で終わらなかったハーパーが、2010年ドラフトで全体1位指名を勝ち取って超一流となったのは、スーパースターたる所以だろうか。

 今シーズンは調子が上がらず苦しんでいるが、それでも30本塁打はマークしている。今オフの目玉から外れることはなさそうだ。

 このようにプロ野球選手達は子どもの頃から、「何か」を持っていたことがよくわかる。その「何か」を最大限、野球に注力して、プロの世界で圧倒的な成績を残してきのだ。

文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方