週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・兵庫の有望野手を紹介します!

【兵庫・野手編】ドラフト関連度C

春制した神戸国際大付の強打陣

 今春の県大会優勝の神戸国際大付には強打者が並ぶ。主将で1年秋からレギュラーを務める宮本拓斗は、小柄ながら力強いスイングで鋭い打球を量産する。投打でセンスの高さを感じさせる2年生・馬場大詩も、長打力も兼ね備えた巧打者だ。

 俊足巧打の勝岡静也(報徳学園)は、50メートル6秒の俊足で相手を揺さぶり、守備範囲も広い。主将で中軸を打つ松谷竜暉は捕手としての強肩も売りだが、長打力の高さも春の県大会でアピールした。

 中距離打者として注目したいのが別井亮太(加古川北)。右方向への打球を課題に冬場の練習に取り組み、県大会では右中間に鋭い当たりを放った。「広角に打てる能力はもともと高かった。リードオフマンとして期待している」と福村順一監督も信頼を寄せている。

 捕手は肘井竜蔵(北条)が面白い。地肩が強く、パワフルなスイングで長打も打てる。山崎将太郎(明石商)はこの冬の体重増加でパワーアップし、長打力に磨きがかかった。

 島康平(育英)は俊足と確実性の高い打撃でチームの攻撃の要だ。今春は4番に座ったが、チャンスにも強く、潜在能力の高さを見せつけた。浦岡真也(東洋大姫路)は2年生ながら捕手としての能力が高く、巧みなリードが光る。

【注目選手】宮本拓斗(神戸国際大付)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方