週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【ドラフト特集】《広島東洋カープ》ドラフト指名結果答え合わせ

【この記事のよみどころ】
・左腕不足解消に光明が!
・内野手のバックアップ要員も指名成功
・堂林の刺激にはこの選手


 プロ野球ドラフト会議が終了して約10日間が経過。ドラフト会議前に発売された『野球太郎No.016 2015ドラフト直前大特集号』では、12球団の「補強ポイント&オススメ選手」を発表している。果たして各球団は、見合う選手を指名できたかどうか、ドラフト結果を総評してみたい。

 今回は広島のドラフト答え合わせをしよう。


1.(戸田は出てきたが)左腕投手不足

 先発と中継ぎの両方で活躍した戸田隆矢がいるものの、まだまだ左腕不足は否めない広島投手陣。そこで今ドラフトでは、3位に高橋樹也(花巻東高)、6位に仲尾次オスカル(Honda)を指名。

 昨季入団した塹江敦哉、今季は1軍で経験を積んだ飯田哲也ら、ようやく若手左腕に明るい兆しが見えたカープ投手陣。その勢いを加速させる意味でも、将来性の高い高橋樹也の指名には拍手を贈りたい。


2. 左打ちの内野手

 1軍で活躍している左打ちの内野手は、田中広輔と木村昇吾の2人だけ。庄司隼人が伸び悩んでいる現状も考慮して、5位ながら西川龍馬(王子)を指名した。

 敦賀気比高(福井)から社会人入りした西川はまだ20歳。こちらも好指名といえるだろう。


3.リリーフ要員(できれば即戦力)

 左腕不足と同様に、勝ち試合に投入できるリリーバーが不足しているのも現状だ。一岡竜司や今村猛はなかなか殻を破れず、中ア翔太も決して安定感があるとはいえない。

 1年目から1軍のブルペンを支えることができそうな、岡田明丈(大阪商業大)と横山弘樹(NTT東日本)の1、2位指名は、補強ポイントに合致した会心の指名といえるだろう。


4.田中と菊池のバックアップ要員

 いまや日本を代表する二遊間コンビに成長した菊池涼介と田中広輔。この2人に何かあった場合を想定して、バックアップ要員も補充すべき、と見ていた。その点では、手薄な左打ちの内野手を補うために指名した西川龍馬が、その役目を果たしてくれるだろう。


5.(堂林の刺激となる)スラッガー

 この2年間、伸び悩んでいるのが堂林翔太だ。このまま芽が出ずに終わってしまうのか、別の意味でも注目が集まるなかで、彼に刺激を与えるルーキーを加えたい。

 7位指名の青木陸(山形中央高)は長打力に魅力がある和製大砲候補。堂林の一層の奮起の起爆剤となるか、注目したい。


《総合評価》B

 最大の補強ポイントであった左腕不足の解消には、高橋樹也と仲尾次オスカルを指名。リリーフ要員の強化には、岡田明丈と横山弘樹の即戦力投手の指名に成功。全体的には実りあるドラフトだったといえるだろう。

 その去就が注目を集める前田健太、日本復帰2年目を迎える黒田博樹ら、先発投手陣に「もしも」のことがあっても、1、2位で指名した岡田と横山の活躍に期待したい。


文=野球太郎編集部

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方