週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

2年連続最下位から、日本一まであと一歩。支えたのはヤクルトファンの熱い応援

 福岡ソフトバンクホークスの4勝1敗で幕を閉じた今年の日本シリーズ。本拠地で相手の胴上げを見せられた東京ヤクルトスワローズ側は、唇を噛み締めていたことだろう。

 しかし神宮球場では、それを受け入れ、なお熱い声援を送るヤクルトファンの姿が何度も見られた。


◎シリーズ史上にその名を残した山田哲人
 まずは試合後の表彰式で、敢闘賞として山田哲人の名前が呼ばれたとき。第3戦で3打席連続ホームランという離れ業をやってのけた山田。

 苦しい戦いが続いた今シリーズのヤクルトにあって、唯一、輝きを放ったシーンと言ってもいい。その山田に対してのファンの声は、試合中に打席に立ったときと変わらないほどの大音量だった。

引退選手に大声援


 そして今シーズン限りで現役引退を発表していた松元ユウイチも、大声援を浴びた。ブラジル出身の日系人であるユウイチは、野球留学選手として来日し、2002年に1軍初出場以来、今季までで548試合に出場。その勝負強さで4番打者として起用されたこともあり、近年は代打の切り札として貴重な働きを見せていた。


 ライトスタンド前で、チームメイトから胴上げもされたユウイチは、球団ホームページを通じて「やりきりました。スワローズファンの声援がうれしかった。こういう終わり方ができて、みんなに感謝したい。本当に幸せ者です」とコメント。なお、来季からは2軍打撃コーチへの就任が決まっている。

敵チームの選手にも拍手


 そして、2014年途中までヤクルトに在籍していたソフトバンクの川島慶三に対してもエールが送られた。

 試合前から、かつてのチームメイトや球団マスコットのつば九郎と談笑する場面が見られた川島。移籍後も絆が続いていることは多くのファンが知るところで、表彰式やパレードも終わり、ソフトバンク優勝の余韻が残る中でのヤクルトファンから大きな「ケイゾウコール」には、川島もライトスタンド付近まで駆け寄って何度も頭を下げ、謝意を示した。

 2年連続最下位というドン底から奇跡的復活でリーグ優勝を果たしたヤクルト。その大躍進を温かいファンが後押ししたことは間違いない。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方