週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

オリックス「Bs夏の陣」が女子プロ野球とコラボ。W杯連続MVPの里綾実らオススメ選手を紹介!

オリックス「Bs夏の陣」が女子プロ野球とコラボ。W杯連続MVPの里綾実らオススメ選手を紹介!

 6月25日に京セラドームで行われるオリックス対ロッテで、オリックスの恒例イベント「Bs夏の陣」が開催される。また、その試合後には、女子プロ野球の兵庫ディオーネ対埼玉アストライアの試合も開催される。13時試合開始のオリックス対ロッテの観戦チケットを持っていれば、そのまま女子プロ野球の試合も楽しめるというわけだ。

 この機会に女子プロ野球も観てみようと思うプロ野球ファンのために、女子プロ野球の観戦ポイントを紹介しよう。

レベルが上がっている女子プロ野球


 まずは女子プロ野球の基本から。ルールや球場の規格は男子のそれとまったく同じ。硬式球を使用し、バットは金属バットが使用可能。7イニング制で行われる。

 チームは兵庫ディオーネ(以下、兵庫)、京都フローラ(以下、京都)、埼玉アストライア(以下、埼玉)の3チームがあり、さらに育成チームとしてレイアがある。リーグ戦のヴィクトリアシリーズは兵庫、京都、埼玉の3チームで争われ、トーナメント戦のティアラカップには4チームが参加する。

 ストレートの平均球速はおよそ110キロ、速くても120キロ後半。打撃はフェンスオーバーのホームランはさすがに少ないものの、今季は例年より多く出ている。選手のレベルは年々上がっており、試合を観戦すると、思ったよりいいプレーが多いことに驚くはずだ。


兵庫:オリックスファンにオススメの選手


 兵庫ディオーネ対埼玉アストライアの一戦を楽しむために、まず、オリックスファンにオススメの兵庫ディオーネの注目選手を紹介しよう。

 兵庫のエースは里綾実。女子野球ワールドカップでは2大会連続でMVPに輝いた日本のエースだ。今季は6勝の全てが完投勝利で、その内2勝が完封という素晴らしい内容。オリックスでいえば、絶対エース・金子千尋といったところか。

 厚ヶ瀬美姫は不動の1番打者。遊撃の守備も一見の価値あり。その守備力は安達了一を連想させる。打撃もチーム最多安打で勝利に貢献している。攻守に見どころの多いプレーヤーだ。

 みなみ(高塚みなみ)は、レイアでの2年間の育成期間を経て、兵庫に加入した注目の若手。身長172センチの恵まれた体格を生かしてフルスイングするスラッガーだ。今季はすでに2本のオーバーフェンスホームランを放っている。オリックスでいえば吉田正尚といったところか。

埼玉:オリックスファンにオススメの選手


 続いて、埼玉アストライアのオススメ選手は川端友紀。川端慎吾(ヤクルト)の妹だ。これまでにリーグで3度の首位打者を獲得。2013年には打率、打点、出塁率の三冠に輝いた。今季はプロ初本塁打を含む、2本塁打を放っている。

 加藤優は「美人過ぎる女子プロ野球選手」としてブレイク。話題が先行していた感があったが、今季はしっかり実力を発揮している。大のオリックスファン、いわゆる「オリ姫」でもある加藤は、憧れの選手として駿太を挙げている。昨年、初対面を果たし、駿太から守備や打撃のアドバイスをされた。


この機会に女子プロ野球を応援しよう


 京セラドームでの女子プロ野球の試合は、4月に続いて今季2度目となる。前回の試合では、プロ野球で使用している球場でプレーができて、選手たちも喜んでいたようだ。

 今回は、プロ野球の試合後に開催されるので、観戦者も多く見込まれるだろう。この期に、プロ野球ファンの方も、女子プロ野球に注目してはいかがだろうか。

この機会に女子プロ野球を応援しよう


文=矢上豊(やがみ・ゆたか)
関西在住の山本昌世代。初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社会人などのアマチュア野球も年間を通じて観戦中。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方