週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

青木宣親の復帰に山田哲人の本塁打もやはりケガ人が……ヤクルトはキャンプでネガティブ要素を出し切れ

青木宣親の復帰に山田哲人の本塁打もやはりケガ人が……ヤクルトはキャンプでネガティブ要素を出し切れ

 キャンプも終盤戦に入り、今日からオープン戦も開幕する。各球団の話題は新外国人選手、期待のルーキー、伸び盛りの若手と景気がいい。特に若手の成長は今シーズンだけでなく、今後のチームの将来を占う上でも重要だ。ファンは一喜一憂しながら報道を楽しんでいることだろう。

 さて、小川淳司監督、宮本慎也ヘッドコーチの新体制となったヤクルトはどうだろうか。

大きなトピックは青木の復帰


 今キャンプにおける明るい話題は青木宣親の復帰だ。2011年オフにメジャーリーグに渡ってから7年ぶりにチームに合流。今から山田哲人との共演が待ち遠しい。すでに対外試合にも1番・中堅で出場するなど仕上がりは順調。これからオープン戦を経て、開幕にはさらに調子を上げてくるだろう。

 また、山田哲と畠山和洋がDeNAとの練習試合でともに本塁打を放つ活躍。投手陣ではベテランの石川雅規が2回をパーフェクトに抑え、結果を出している。

 打つべき人が打ち、投げるべき人が投げる。この点では、ここまで順調だ。

若手の活躍は……


 一方で若手はどうだろうか。「隣の芝生は青い」ではないが、他球団の若手はアピールに成功しているように見える。1軍切符だけでなく開幕スタメン、ローテーションを奪いそうな勢いのルーキー、若手が目白押しだ。

 最大の注目を集める清宮幸太郎(日本ハム)こそ故障の影響もあり、守備のみの実戦が続いているが、安田尚憲(ロッテ)は4番・三塁でラミゴ・モンキーズ(台湾)戦に出場。対外試合初安打を放ち、1軍帯同が決定した。また、西巻賢二(楽天)は二塁のポジションでレギュラー争いを繰り広げている。

 投手陣を見ると2年目の高橋昂也(広島)が対外試合の開幕投手として好投。藤平尚真(楽天)は阪神との練習試合で最速150キロをマーク。阪神の新外国人・ロサリオから三振を奪うなど、先発ローテーション入りをグッと引き寄せた。

 このように各球団では景気のいい若手の話が出てくる。しかし、ヤクルトでは廣岡大志のアピールがあるのみ。投手陣はケガ人が多く、チャンスを与えられているにもかかわらず、若手の活躍が聞こえてこない。また、2016年ドラフト1位の寺島成輝も実戦で結果を残すことができていない……。


ケガ人の状況は?


 主力、若手の調整具合は気になるが、ヤクルトにおいてもっとも注目しなければならないのはケガ人の状況だろう。

 主力ではキャンプ前に西田明央が右足を故障。その後、野手陣では大引啓次、雄平、川端慎吾、松本直樹、塩見泰隆らが別メニューでの調整などを行っている。投手陣では村中恭兵、アルメンゴ、蔵本治孝、ブキャナン、山田大樹らも別メニュー。他チームでももちろん、故障やインフルエンザでの離脱はある。しかし、それと比べてもやはり故障者の数は多い。

 今シーズンからチーム方針により、ケガの程度や全治は公表されない。いわば、全員が全治不明の扱いとなる。2軍に落ちなければ軽傷と思われるが、真実は定かではない。ケガが伝えられる選手はキャンプ中に患部を癒やし、開幕までに間に合わせてほしい。

 青木の復帰は明るい話題だが、ほかの話題はケガの情報が多くなってしまうヤクルト。オープン戦から開幕までの約1カ月間でネガティブな話題は全て出し切って、シーズンをポジティブに臨めることを期待したい。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方