週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 鹿児島みどころ】2年に期待株揃うが3年の逆襲も見たい 前評判を覆し驚かせる野手の出現あるか

投手編〜2年生に楽しみな素材あり

小峯新陸
 今年の鹿児島は好投手が不在、打高投低が顕著で、計算のできない試合が多い。一方で2年生に楽しみな素材が多いのも特徴だ。

 一番手に挙げられるのが田隼之介(鹿児島実)。粗削りだが、直球は常速130キロ台を出せるようになり、チームのエースに成長した。九州大会などで経験を積み、スタミナと制球力がついてくれば来年は大きく化けそう。

 八方悠介(鹿児島城西)もエース番号を勝ち取った。最速140キロ台のストレートにスライダーなどの変化球も鋭さが増した。田中瞬太朗、桑原秀侍、中川武海と神村学園でエース番号を争うのも2年生投手が中心に挙げられる。
 末永悠翔(鹿児島玉龍)は肩の故障で出遅れているが、ストレートの力強さが光る。藤ア右京、竹元希(ともに大島)の2年生左腕コンビも頭の隅に入れておきたい。

 奮起を期待したい3年生の中では福重圭誇(尚志館)が一冬で大きく成長している。小峯新陸(鹿児島城西)が伸び悩んでいるのが気になるところだが、素材はピカイチ。左腕の好投手が特に見当たらない中では上野倖汰(枕崎)と沖田龍之丞(鹿児島情報)に期待したい。1年時からマウンド経験豊富な上野は秋以降故障で、春は一度もマウンドに上がれず、夏に再起をかける。春はエースとしての仕事ができなかった沖田は、NHK旗の鹿屋中央戦で完投勝ちし、復調の兆しを見せている。

 久保亮祐(武岡台)は下別府昂希のリードとセットで輝く。投手力が課題の鹿屋中央は昨夏を経験した福地玲夢の台頭を期待したい。

野手編〜将来性に期待

新有留優斗
 投手同様、すぐにプロにいけそうな選手は見当たらないが、将来性を期待できる選手は多い。

 その中で森口修矢(神村学園)を筆頭株に挙げる。中学時代、明石ボーイズで全国優勝の経験もあり、「思い切りのよさと力強さ」に小田大介監督が惚れ込んだ。内角に甘く入ったら球種に関係なく一発でスタンドに放り込む。外角のボールの見極めができるようになれば、さらにワンランク上の選手に成長しそう。

 新有留優斗(鹿屋中央)は打点を稼いだ昨秋のインパクトが大きい。主将としての人間性も山本信也監督が大きく買っている。

 春にブレイクした選手では福重圭誇、窪田翔太の尚志館コンビを挙げたい。ウエートトレーニングなどでパワーがつき、春の公式戦では印象に残る本塁打を連発した。
 吉木涼晴(鹿児島実)はコンスタントに安打、打点を叩き出せるようになり、4番として機能。昨秋は4回戦で涙をのんだ鹿児島実が春に準優勝まで勝ち上がった要因の一つはこの活躍ぶりだろう。

 左のリードオフマンでは巻木和也(れいめい)がピカイチ。山添倭茄(鹿児島実)、滿薗勝弥(鹿児島玉龍)、祝迫駿輔(川内)らも切り込み隊長の好素材。
 中軸では小峯や南之園健太(鹿児島商)、田中大陸(神村学園)、澤津橋乙也(薩南工)の勝負強さに注目したい。

 右打者では菊地佑哉(樟南)が勝負強さと守備のうまさが光る。
 昨夏の神村学園戦で本塁打を放った末原魅千(加治木工)も印象深い。
 捕手は下別府、西山知宏(鹿児島情報)を注目選手に推す。

大会展望〜負けなしの神村が一歩前へ

鹿児島地区勢力ピラミッド
新チーム以降、県内で公式戦負けなしの神村学園が選手層の厚さ、経験で一歩抜きんでる。
ただし、他のチームと同じく絶対的な投手力はないので、夏は覆る可能性も十分にあり。
その対抗馬となるのは春準優勝で急激に力をつけつつある鹿児島実、大隅の雄・尚志館、鹿屋中央、同じ南薩地区のライバル・鹿児島城西、2年生中心の鹿児島情報、古豪復活を期す鹿児島商などが挙げられる。
伝統校の樟南や枕崎、武岡台、鹿児島玉龍などの公立勢が上位陣にどう絡んでくるか。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方