週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

<今週の観戦ポイント>セはCS枠確定、パは2枠を最後の最後まで競い合う!

【激闘を振り返る!先週の試合をダイジェストで紹介!!】

<セ・リーグ編>

 広島がついに、暗黒の歴史に終止符を打った。先週のこのコーナーでも「注目カード」として取り上げた、24日からの中日vs広島3連戦。初戦を5-3で勝利し、10年間勝ち越しがなかったナゴヤドームでの勝ち越しを決めた広島が、翌25日もエルドレッドの2試合連続となる本塁打で連勝。16年ぶりとなるAクラス入りを決めると同時に、CS出場も確定した。

 逆に敗れた中日は、5位だった2001(平成13)年以来、12年ぶりのBクラスが確定。球団史上初めて、CS進出を逃す結果となってしまった。全チームに負け越している中日と、巨人には差をつけられるも下位にはしっかり勝ち星をあげている広島。その差が出た結果といえるだろう。

 9月はピリッとしない戦いが続いていた阪神だが、24日のヤクルト戦でメッセンジャーが無四球完封勝利を飾り、3年ぶりのCS進出を確定させた。9月に登板した3試合、合計22イニングで1失点も、なかなか勝ち星がつかなかったメッセンジャーは「2位で必ず終わる。CS優勝に向けて頑張る」と力強いコメント。2位と3位が戦うCSファーストステージでも、ローテの軸になることは間違いない。

<パ・リーグ編>

 一方、先週のパ・リーグの大きな話題は何と言っても楽天の優勝だろう。26日の西武戦に勝利し、同日にロッテが日本ハムに敗れたため、楽天の球団創設9年目での初優勝が決まった。創設以来、Aクラスは1度だけのチームがついにペナントレースを制覇した。楽天は17日からKスタで行われるCSファイナルステージで、第1ステージの勝者と戦う。

 そのCS2位通過を狙うロッテは、苦しい戦いが続いている。楽天の優勝をアシストした26日の敗戦を含めた、24日からの日本ハム3連戦は1勝2敗で負け越し。翌日の楽天戦は前日の“ビールかけ”の影響があった楽天のミスに助けられて勝利したものの、29日の西武戦はサヨナラ負け。ここにきて里崎、角中が故障で2軍落ちしたことが大きく影響している。

 そのロッテを追いかけるソフトバンクは、24日からのオリックス3連戦で“痛恨”の3連敗。第1戦に敗れて優勝の可能性が完全消滅し、カードが変わった28日の西武戦で敗れた場合はBクラスに転落する危機的状況だったが、その試合は延長10回に長谷川のヒットでサヨナラ勝ち。なんとか3位をキープしている。

 その西武は翌日の29日、ロッテと対戦してサヨナラ勝ちをおさめた。数字的には西武が一番厳しいとみられているが、ロッテとソフトバンクとの直接対決をそれぞれ2試合ずつ残しているだけに、不気味な存在だ。


▲3位が基準のパ・リーグ順位表(9月30日現在)


【見逃したら後悔必至!今週の注目カードはこれだ!!】

第3位・日本ハムvsソフトバンク(4〜5日/札幌ドーム)

 ソフトバンクにとっては絶対に落とせない試合だ。10月1日は京セラ、2日と3日は西武ドーム、そして4日と5日は札幌ドームと、シーズン終盤らしく移動日なしの“超”過密日程が続くソフトバンク。九州に本拠地を置く宿命ともいえるが、CS出場を決めるには、勝ち続けるしかない。

第2位・阪神vs中日(1日/甲子園)、広島vs阪神(2日/マツダ)

 阪神にとっては試練の2連戦。9月は6勝15敗2分と散々な成績だった阪神だが、10月になってツキが変わるだろうか。特に2日の広島戦は、CS出場を決めた両チームにとっては“前哨戦”となるだろう。CSファーストステージを本拠地で迎えるためにも、お互いに負けられない試合だ。

第1位・西武vsソフトバンク(2日〜3日/西武ドーム)

 パ・リーグ最後のCS天王山。両チームにとっては今シーズンの集大成となる試合になるだろう。ここまで西武は、敵地のヤフオクドームでのホークス戦は2勝9敗1分けと大きく負け越しており、合計でも6勝15敗1分と苦手にしている。最後の最後で意地をみせることができるか、要注目だ。


■ライター・プロフィール
鈴木雷人(すずき・らいと)…会社勤めの傍ら、大好きな野球を中心とした雑食系物書きとして活動中。"ファン目線を大切に"をモットーに、プロアマ問わず野球を追いかけている。Twitterは@suzukiwrite

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方