週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

村田修一、和田毅……まだまだいる! 今季は健闘をみせる「松坂世代」の男たち


 田中将大(ヤンキース)を中心とした88世代が、日米問わず、プロ野球界で大活躍している。前田健太(ドジャース)や、柳田悠岐(ソフトバンク)、坂本勇人(巨人)、秋山翔吾(西武)……。

「◎◎世代」といえば、ひと昔前まで球界の中心にいたのは松坂世代だったはず。現役を退いた選手たちも多い世代となった彼らのなかには、今季、大健闘をみせている選手もいる。

「88世代に主役は譲らない!」といわんばかりの活躍を見せている松坂世代の生き残り選手たちを紹介しよう。

男・村田が戻ってきた!


 巨人に移籍して4年目の昨季は、打率.236と不本意な成績に終わった村田修一(巨人)。今季は復活の兆しをみせている。4月末まで全試合サードでスタメン出場して、コンスタントに安打を量産。

 特に二塁打の数は、4月末時点で12本とリーグトップの数字をマーク。川端慎吾(ヤクルト)よりも多いという、驚きの結果だ。打てないことで「乙女・村田」と揶揄されたこともあったが、今年こそは「漢・村田」の復活に期待したい。


鷹の左腕エースは、自軍の捕手育成も!


 シカゴ・カブスからソフトバンクに戻ってきた和田毅が、さすがの投球を見せている。

 4月終了時点で5試合に先発して3勝1敗、防御率1.85をマーク。圧巻だったのは4月20日のロッテ戦だ。9回を投げ切り5奪三振1四球で、2011年9月21日以来、1673日ぶりの完封勝利を記録。メジャーでは思うような成績を残せなかったうっぷんを晴らすかのような快投を魅せた。

 さらに登板時には、決まって斐紹(あやつぐ)とバッテリーを組むことで、捕手育成にもひと役買っている模様。このあたりは、経験豊富なベテランのなせる業だろう。

西武のリーサルウエポンとは?


 昨季は6試合しか出場できず、入団3年目以来の出場試合数が10試合未満となった上本達之(西武)。今季はいよいよ、崖っぷち…と思われたが、開幕から4月終了までに15試合に出場。24打数9安打、打率.375とスタートダッシュを切ることに成功した。

 特に11回起用された代打での成績は9打数4安打、打率.444、3打点とまさに「リーサルウエポン(最終兵器)」と呼べる活躍。91試合に出場した2010年を超える、キャリアハイ更新に期待がかかる。


同じく西武のいぶし銀のユーティリティープレーヤー


 内野ならどこでもこなすユーティリティープレーヤー・渡辺直人(西武)も絶好調スタート。4月終了時点で17試合に出場して42打数16安打、打率.381。中村剛也(西武)が死球の影響で指名打者として出場した際も、三塁のポジションをしっかりと埋め、2年ぶりの100試合出場を目指し奮闘している。

 しかし、4月30日のソフトバンク戦で左太ももを痛めて5月4日に登録抹消。一日も早い復帰が待たれるところだ。


 紹介した4選手以外にも、藤川球児(阪神)、久保康友(DeNA)、新垣渚(ヤクルト)、木村昇吾(西武)ら、健闘している選手たちは、まだまだいる。

 しかし、真打ち・松坂大輔(ソフトバンク)が戻ってこないと「松坂世代」は締まらない。ウエスタン・リーグで調整を続ける松坂の回復が、ただただ待ち遠しい。


文=勝田 聡(かつた さとし)
松坂世代のひとつ上にあたりサッカーの黄金世代となる1979年生まれ東京育ち。プロ野球、MLB、女子プロ野球、独立リーグと幅広く野球を観戦。 様々な野球を年間約50試合現地観戦し写真を撮影する。プロ野球12球団のファンクラブ全てに入会してみたり、発売されている選手名鑑を全て購入してみたりと幅広く活動中。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方