週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【プレミア12】侍ジャパンに立ちふさがるのはどこの国?ジャイアントキリングはオランダにお任せ!

得意の「大物食い」はプレミア12でも見られるか!


 イタリアとならんでヨーロッパの2強を形成するスポーツ大国・オランダ。メンバーの大半を国内リーグ所属選手でまかなっていることからも、そのレベルの高さがうかがえる。

今大会の活躍は来季の契約に直結


 前回WBCでキューバを破り4強に進出した「大物食い」の本領は、この春の日欧野球でも発揮された。「オランダ・プラスアルファ」で構成されたような欧州代表は、ディエゴマール・マークウェル(国内リーグ)を先発にたて、主砲ユレンデル・デカスター(メキシカンリーグ)の本塁打で侍ジャパンを粉砕した(写真はオランダのエース、マークウェル)。


 カリブ海に浮かぶ属領アンティル諸島出身の彼らは、バットとグラブ片手に世界を渡り歩くジャーニーマン。今回も代表チームに名を連ねる彼らを筆頭とするカリブ勢の国際大会へのモチベーションは、翌シーズンの契約に直結するため、非常に高い。そういう意味では、現在所属先のないアンドリュー・ジョーンズ(元楽天)の存在もあなどれない。

日本でお馴染みのあの選手に期待


 残念ながら、ソフトバンクで無傷の9連勝を記録したバンデンハークは参加しないが、WBCでノーヒットノーランを達成したシャイロン・マルティス(米独立リーグ)も参加予定。先発が役割を果たし、継投がはまれば、お家芸の「大物食い」も十分考えられる。

 打線では、今シーズン半ば休業状態だったバレンティン(ヤクルト)が日本シリーズの状態から、どこまで復調できるか。ここぞとばかりに爆発すれば、予選を突破し、東京での準決勝まで進むことも十分に考えられる。


文=阿佐智(あさ・さとし)
1970年生まれ。世界放浪と野球観戦を生業とするライター。「週刊ベースボール」、「読む野球」、「スポーツナビ」などに寄稿。一発当てようと、現在出版のあてのない新刊を執筆中。ブログ「阿佐智のアサスポ・ワールドベースボール」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/gr009041)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方