週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2019年ドラフト候補高校生 山梨・北信越・東海】特A級右腕・奥川恭伸(星稜)らに注目

文=落合初春

【2019年ドラフト候補高校生 山梨・北信越・東海】特A級右腕・奥川恭伸(星稜)らに注目
 来年のセンバツへ向けた各地の秋季大会が終結した高校野球。少し気が早いが、来年のドラフト戦線で注目を集めそうな有望球児を都道府県別に紹介しよう。今回は山梨、北信越と東海編。

山梨のドラフト候補高校生


野村健太(山梨学院)
 関東大会ベスト4でセンバツ当確の山梨学院では、4番・野村健太に注目。昨夏の甲子園でも本塁打を放った大砲で、分厚い体から右中間にもらくらくスタンドイン。異名は「山梨のデスパイネ」。

長野のドラフト候補高校生


横田夏己(東海大諏訪)
 鋭い腕の振りと抜群のコントロールを見せる右腕。130キロ台後半の球速が上がれば、さらに投球術が生きるはず。

新潟のドラフト候補高校生


南隼人(日本文理)
 球威ある140キロ超のストレートを投げ込む右腕。北信越大会では小松商を相手に5回参考ながらパーフェクト投球。ストライクが取れるカーブを効果的に使う。

富山のドラフト候補高校生


濱田陸(富山第一)
 183センチの長身左腕。ダイナミックなフォームでロマンが膨らむ。球速が140キロに到達すれば、引く手数多の存在になりそう。

廣田陽斗(高岡第一)
 今秋から4番を務めるスラッガー。今夏の富山大会準決勝では満塁弾を放つなど、随所で勝負強さが光る。

石川のドラフト候補高校生


奥川恭伸(星稜)
 最速150キロのストレートと切れ味鋭いスライダーで三振を量産する特A級右腕。北信越大会では松本第一を相手に10者連続奪三振を記録するなど、超高校級の存在に。

重吉翼(日本航空石川)
 柔らかさとしなやかさが売りのスリークオーター右腕。2018年のセンバツでは、2年生ながら膳所を7回自責点0に封じ込め、非凡な制球能力を見せた。

福井のドラフト候補高校生


玉村昇悟(丹生)
 最速144キロの球速と三振の取れるスライダーが魅力の左腕。今秋の福井県大会では北陸と対戦し、9回1安打の完封勝利。

静岡のドラフト候補高校生


斎藤来音(静岡)
 俊足巧打の外野手。2018年のセンバツでは右へ左へ三塁打を連発し、グラウンドを駆け巡った。同世代の外野手では上位の評価が予想される。

紅林弘太郎(駿河総合)
 186センチの大型遊撃手。長打力を中心に三拍子揃ったスタイルですでにプロも注目。

愛知のドラフト候補高校生


石川昂弥(東邦)
 強肩強打の三塁手。圧倒的な飛距離と勝負強さを武器とする。185センチと大型で、新チームからはマウンドにも上がる。プロからも熱視線が注がれている。

植田結喜(東邦)
 140キロ超のストレートが魅力の本格派左腕。春のセンバツ当確だが、スライダーとのコンビネーションに注目。

岐阜のドラフト候補高校生


藤田健斗(中京学院大中京)
 高校トップクラスの強肩を誇る捕手。打撃でも中軸を任され、攻守に安定感がある。

三重のドラフト候補高校生


岡林勇希(菰野)
 兄は広島育成の岡林飛翔。最速は150キロで、コンスタントに140キロを出せる特上素材。その身体能力の高さを生かして野手としても活躍し、今夏の三重大会では2打席連続ホームランを放った。キレのある変化球、高い奪三振能力もセールスポイント。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方