週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2017夏の高校野球】《兵庫観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

今年も好投手が目白押し!投手戦期待大
好捕手たちに逸材・小園も忘れないよう


投手編 〜勝ち方を知る好投手たち〜


【2017夏の高校野球】《北北海道観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 県内屈指の進学校を春季県大会ベスト8に導いた市西宮の山本拓実はこの春、もっとも評価を上げた右腕だ。準々決勝では、センバツ4強の報徳学園を相手に5回2死まで一人の走者も許さない投球を展開。惜しくも敗れたが、8回を3安打に封じた。ストレートの最速は145キロ。全身を使ったダイナミックなフォームは楽天の則本昂大を彷彿とさせる。
 長身右腕・西垣雅矢(報徳学園)は、安定感のある粘り強い投球が持ち味。今春のセンバツでは前橋育英を4安打完封。昨秋から投げている落差の大きいフォークが投球の幅を広げている。
 小柄ながら抜群の制球力を誇る技巧派左腕・黒田倭人(神戸国際大付)。昨秋、先発した6試合で全勝。センバツでは切れ味抜群のスライダーを軸に東海大福岡打線から10三振を奪った。下級生時代から強豪校のエースナンバーを背負う大西泰生(神港学園)も経験豊富な左腕。投げっぷりのよさはピカイチだ。

〜速球派の好右腕が目白押し〜

 兵庫にはポテンシャルたっぷりの本格派右腕が揃う。公立の星・村上大芽(津名)はコンパクトなテークバックから繰り出す糸を引くような最速140キロのストレートとスライダーが武器。中学時代は3番手投手だったことが信じ難い成長を遂げている。
 最速145キロを誇る山内響(東洋大姫路)はナックルカーブを操るなど、変化球も多彩。辻井亮汰(市尼崎)は最速142キロのストレートとスライダーのコンビネーションが抜群。スタミナ面も申し分ない。道才のあ(村野工)はホームベース上で加速するかのような最速145キロのストレートとよく切れるカットボールが身上。東晃平(神戸弘陵)は体の反動を使うことなく、きちんと「歩いて」投げられる細身の速球派。最速146キロを繰り出す翁田大勢(西脇工)のパワーピッチングも魅力たっぷりだ。
 その他にも作元亮平(東播磨)結城彪(滝川)、野上諒(育英)、社の佐名川拓臣、吉田光一、関西学院の伊原木輝、高木駿らの名が楽しみな好右腕として挙がる。

野手編 〜逸材遊撃手は順調に進化中〜


【2017夏の高校野球】《北北海道観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド

 野手では強肩強打の逸材捕手が集う。猪田和希(神戸国際大付)は遠投110メートルの強肩を買われ、現チームより外野手から捕手に転向。身体能力の高さも加わり、瞬く間にプロ注目の司令塔となった。篠原翔太(報徳学園)は勝負強い打撃と投手のよさを引き出す巧みなリードが光る。ともに
1.9秒前後の二塁送球タイムを誇る永良賢悟(市川)、稲富宏樹(三田松聖)の高いスローイング能力は全国トップクラスだ。
 抜群の野球センスで入学直後に名門の定位置をつかんだ2年生遊撃手の小園海斗(報徳学園)は、今春のセンバツで広角に安打を量産し、卓越したミート力を大舞台でも証明。多治見戦では本塁打も放った。兵庫ナンバーワン三塁手の呼び声が高い殿谷小次郎(市尼崎)は思い切りのいい打撃が魅力。核弾頭を務める長身の俊足外野手・竹内紘生(明石商)、走攻守揃った内野手の森田陽太(東洋大姫路)も要注目の好素材だ。

大会展望 〜公立勢にもチャンス大の激戦区〜


センバツ4強を果たし、春の兵庫を制した報徳学園がややリードしている感はあるが、全体的には力が拮抗しており、激戦が予想される。強豪私立がひしめく中、過去10年で公立校が頂点に立ったケースが3度あり(東西に分かれた2008年の記念大会含む)、兵庫の夏は下馬評通りの展開にならないことも多い。昨年の市尼崎もけっして優勝候補に挙がっていたわけではなかった。近年着実に力をつけている須磨翔風、東播磨、武庫之荘総合などの公立勢にも大いにチャンスはある。

【2017夏の高校野球】《北北海道観戦ガイド》有望選手と大会展望&地区勢力ピラミッド


野球太郎 No.23
「2017夏の高校野球&ドラフト特集号」

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方