週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

菊池涼介(広島)、秋山翔吾(西武)…。今季12球団の2番打者を比較! 攻撃的2番打者は誰だ!?


 近年、野球の戦術を語るとき、必ずといってもいいほど登場する「2番打者論」。

 「2番に最強打者を置くのがいい」というのが近年のトレンドで、実際に今年のワールドシリーズを制したカブスは、多くの試合でクリス・ブライアント(打率.292、39本塁打、102打点)が2番を打ち、超強力打線を構築した。

 日本でも春のキャンプの時期は毎年のように「攻撃型2番構想」が報じられるが、今シーズンの各球団の2番打者はどうだったのだろうか?

各球団の主な2番打者の成績


 各球団で2番打者としてスタメン出場した試合が多い2人を並べてみよう。

(成績は2番スタメン出場時のもの)

■広島東洋カープ
菊池涼介
140試合:打率.315(572打数180安打)/13本塁打/56打点/23犠打/OPS.790

田中広輔
1試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点/0犠打/OPS.250

■読売ジャイアンツ
橋本到
35試合:打率.206(126打数26安打)/2本塁打/10打点/17犠打/OPS.580

立岡宗一郎
27試合:打率.269(108打数29安打)/2本塁打/8打点/4犠打/OPS.721

■横浜DeNAベイスターズ
石川雄洋
55試合:打率.205(215打数44安打)/2本塁打/13打点/10犠打/OPS.529

エリアン
31試合:打率.219(128打数28安打)/3本/18打点/1犠打/OPS.622

■阪神タイガース
大和
36試合:打率.269(130打数35安打)/1本塁打/15打点/10犠打/OPS.691

鳥谷敬
22試合:打率.202(84打数17安打)/2本/4打点/1犠打/OPS.602

■東京ヤクルトスワローズ
川端慎吾
58試合:打率.304(240打数73安打)/0本塁打/18打点/0犠打/OPS.725

坂口智隆
52試合:打率.278(205打数57安打)/0本塁打/17打点/4犠打/OPS.694

■中日ドラゴンズ
荒木雅博
64試合:打率.257(241打数62安打)1本塁打/15打点/11犠打/OPS.609

エルナンデス
18試合:打率.219(73打数16安打)/1本塁打/10打点/2犠打/OPS.573

■北海道日本ハムファイターズ
中島卓也
50試合:打率.241(170打数41安打)/0本塁打/14打点/41犠打/OPS.618

西川遥輝
31試合:打率.250(104打数26安打)3本塁打/16打点/14犠打/OPS.762

■福岡ソフトバンクホークス
今宮健太
56試合:打率.200(210打数42安打)/4本塁打/24打点/21犠打/OPS.531

本多雄一
42試合:打率.301(163打数49安打)/1本塁打/18打点/15犠打/OPS.689

■千葉ロッテマリーンズ
高濱卓也
29試合:打率.200(100打数20安打)/2本塁打/5打点/6犠打/OPS.555

加藤翔平
26試合:打率.220(91打数20安打)/0本塁打/2打点/9犠打/OPS.535

■埼玉西武ライオンズ
秋山翔吾
51試合:打率.296(206打数61安打)/6本塁打/23打点/0犠打/OPS.811

栗山巧
44試合:打率.278(162打数45安打)/1本塁打/17打点/0犠打/OPS.760

■楽天ゴールデンイーグルス
藤田一也
52試合:打率.251(199打数50安打)/0本塁打/23打点/9犠打/OPS.595

聖澤諒
25試合:打率.344(96打数33安打)/2本塁打/10打点/9犠打/OPS.837

■オリックス・バファローズ
安達了一
77試合:打率.309(275打数85安打)/1本塁打/27打点/33犠打/OPS.740

西野真弘
39試合:打率.280(161打数45安打)/0本塁打/12打点/5犠打/OPS.636

西武とヤクルトが攻撃的


 チマチマと2番が入れ替わっているチームがほとんどだが、ほぼフルシーズン2番の座をキープし続けたのは菊池涼介(広島)だ。最多安打を放った打撃力ももちろんだが、セ・リーグ最多の23犠打も記録。最多安打&最多犠打のW受賞は史上初。日本球史に残る「マルチ型2番」だった。

 全球団を通してみると、「攻撃的2番」を戦術として採用したのはヤクルトと西武。特に西武は秋山と栗山どちらもバントなし。夏ごろに田邊徳雄前監督が「バントはいらない」と宣言して話題となったが、これは実は下位打線の話。2番に関してはシーズンを通して攻撃型采配を貫いていた。

 ヤクルトもケガ人続出に泣いたが、本来は川端慎吾を2番に固定したいところ。川端もバントゼロ。来季こそは川端もケガなし、チームもケガ人なしで「2番・川端」をキープしたい。


聖澤は2番に適任!


 意外にも2番打者としては広島・菊池を超える打率、OPSを記録したのは聖澤諒(楽天)だ。今季はシーズンを通しても打率.294を記録し、好調だったが、若手重用で冷や飯を食わされた印象すらある。

 聖澤はトップバッターのイメージが強いが、ここに来て数字が2番への適性を示している。バントもそつなくこなし、走塁技術もある。攻撃型でもマルチ型でも安定した力を発揮するはず。来季はぜひ「2番・聖澤」を多くの試合で見てみたい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方