週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《プロ野球コスパランキング》投手編・年俸から1登板数あたりの金額を割り出してみた【先発&リリーフベスト5】

《先発投手編・1登板の値段ベスト5》
(8月31日現在の成績で集計・先発10試合以上)

1位 砂田毅樹(横) 360,000円
 10登板 推定年棒360万円

2位 若松駿太(中) 392,857円
 14登板 推定年棒550万円

3位 高木勇人(巨) 545,455円
 22登板 推定年棒1,200万円

4位 田口麗斗(巨) 630,000円
 10登板 推定年棒630万円

5位 レイ(楽)   750,000円
 16登板 推定年棒1,200万円


《先発投手・ベスト編》

 10試合以上登板している先発投手を対象としたコスパランキング上位は、他項目でも紹介した選手が多いので、ここは5位のレイ(楽天)に触れておきたい。

 メジャー、台湾、韓国、メキシコなど、各地を渡り歩くジャーニーマンで、2013年に楽天で日本一を経験した後は、台湾で投げ、今季からまた楽天に復帰した。

 8月までの16登板には、3、4月に記録した4連勝や、リリーフでの3試合も含まれており、40歳ながらなかなかのタフネスぶりを発揮している。ただし8月は4試合に登板して0勝3敗、9月も12日のソフトバンク戦では、4回6失点と打ち込まれた。果たして、来季も日本で投げているかどうか!?
《リリーフ投手編・1登板の値段ベスト5》
(8月31日現在の成績で集計・リリーフ20試合以上)

1位 バリオス(ソ) 142,857円
 28登板 推定年俸400万円

2位 塚原頌平(オ) 170,732円
 41登板 推定年俸700万円

3位 武藤好貴(楽) 193,878円
 36登板 推定年俸950万円

4位 二保旭(ソ)  208,333円
 33登板 推定年俸750万円

5位 白仁田寛和(オ)227,273円
 38登板 推定年俸750万円

《リリーフ投手・ベスト編》

 リリーフ投手については、8月末までに20試合以上に登板している投手が対象。バリオス(ソフトバンク)、塚原頌平(オリックス)、武藤好貴(楽天)の3投手が、1登板あたり20万円を切る上々のコスパを記録している。


 育成契約から這い上がったバリオスは、序盤こそのソフトバンクのブルペンを支える活躍を見せるも、不振と外国人枠問題もあって7月以降は出番なし。塚原も7月までは好投を重ねていたが、8月に登板した5試合中4試合で失点するなどヘバり気味。対して、武藤は9月に入っても15日までに6試合を投げて1勝1敗1ホールド。低迷するチームにおいて、賞賛に値するパフォーマンスだ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方