週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

川崎宗則が「皇帝」となって長崎をパレード!? 日本人メジャーリーガーたちが扮した“仮装”列伝!


 長崎市で開催されているランタンフェスティバル。中国の春節祭に由来し、長崎新地中華街を中心に大盛り上がりを見せる長崎きってのお祭りだ。

 今年のランタンフェスティバルの最終日にあたる本日(2月11日)、メインイベントのひとつ「皇帝パレード」に登場するのは日本人メジャーリーガーの川崎宗則だ。川崎は中国皇帝に扮し、まさにパレードの主役を務める。

 あまり前例のないニュースだが、実はメジャーリーガーと仮装は切っても切れない関係がある。今回は日本人メジャーリーガーの仮装列伝を紹介しよう。

ルーキー恒例の仮装ショー


 メジャーリーグでは、「ルーキー・ラギング・デー」と呼ばれるゲリラ新人歓迎行事がある。

 各球団の新人が遠征先に向かう際、ユニークなコスプレをして移動するといったイベントで、毎年メディア、ファンの注目を集めている。

 今回、皇帝に扮する川崎もルーキー時代には妖精姿で登場し、大いに笑いを誘った。

 昨年は前田健太もこの恒例行事の餌食に。チアガールに女装した前田はメディアの取材に「ローアングルはやめて!」「いや〜ん!」と超ノリノリで受け答え、違う方の“マエケン”(前田健)状態だった。

 ちなみにヤクルトを退団し、初のメジャー昇格を果たしたバーネットも32歳(当時)ながらルーキー扱い。あのヒゲ面のコワモテが婦人警官に扮したという……。


大御所たちもガッツリ仮装


 もちろん、ほかの大物日本人メジャーリーガーたちにもルーキー時代はある。

 大御所では昨年引退した黒田博樹もしっかりと慣習に従い、ドジャースのルーキーとなった2008年には赤字にゼブラ柄を基調としたゴージャスヒップホッパースタイルで登場。首元にはゴールドアクセサリーがジャラジャラと揺れていた。

 おそらく、松井秀喜(当時ヤンキース)が全身ヒョウ柄で現れた際の衣装のオマージュと思われるが、かなりノリノリの様子だった。

 クールなダルビッシュ有(当時レンジャーズ)もルーキー時代にはもれなく仮装。競泳パンツ姿で移動し、さらにはルーキー揃っての女装まで見事にこなした。

不評を買った選手も!?


 そんななか、「ルーキー・ラギング・デー」の魔の手から逃れていた選手もいる。田中将大だ。

 2014年にヤンキースに移籍した田中だが、ちょうどケガでの離脱時期が被っており、難を逃れたかに見えた。しかし、2015年秋にその“逃亡”が発覚し、約2年越しの仮装をすることに。

 大御所たちが次々とド派手なコスプレを決める中、ハードルがどんどん高くなっていったが、田中は控えめな全身黒ずくめのヒップホップスタイルで現れただけ。

 ネット上では「これ、私服だろ」「大先輩たちを見習え」と辛辣な意見が飛び交った。

 確かに首から鎖状のネックレスを掛けていたが、一昔前に中田翔(日本ハム)がしていたようなネックレスだった……。どうせなら、新日本プロレス・真壁刀義並みのドデカイ鎖にすべきだった。

 ちなみに日本人メジャーリーガー一番の大御所であるイチローもマリナーズのルーキー時代にはフーターズのウェイトレス(タンクトップにホットパンツ)に仮装したとか。しかし、本人の強い要望により、メディアには決して流さなかったというのが定説だ。

 また、メジャーリーグではいじめ、いやがらせの防止に力を注いでおり、「新人いじめ」の延長線上にある「ルーキー・ラギング・デー」も問題視されはじめている。

 一部現地報道によると女装禁止などが徹底されるようだが、ノリノリのコスプレ願望戦士たちにとってはガッカリな規制になるかもしれない。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方