週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

明治神宮大会、アジアシリーズ終幕でいよいよシーズンが終了へと……今週の野球みどころランキング[11月19日(火)〜11月25日(月)]

『今週の野球みどころランキング』は、11月第3週はじめの時点で注目度の高まっている野球関連の話題について紹介していきます。
 最後には今後の簡単な野球界のスケジュールを添えていますので、重要事項はチェックしておいてください!


第5位 楽天準決勝進出! 決勝は20日!

―――アジアシリーズ2013

 昨年に引き続き、台湾でアジアシリーズ2013が開幕。まずは2組に分かれ、予選リーグを行った。

 A組にはサムスンライオンズ(韓国)、 統一ライオンズ(台湾)、フォルティチュード・ボローニャ(欧州/イタリア)。B組に東北楽天ゴールデンイーグルス(日本)、義大ライノス(台湾/準優勝・開催地枠)、キャンベラキャルバリー(オーストラリア)という組み合わせ。

 B組の楽天は、義大に6−1、キャンベラに6-3と連勝し、順当に1位で決勝トーナメントに進出。台中インターコンチネンタル球場で19日に準決勝でA組2位の統一と対戦し、それに勝てば20日に決勝に進出する予定だ。準決勝もう1つのカードは18日に行われるサムスンvsキャンベラとなっている。

第4位 ストーブリーグ情報

―――NPB

 セ・パ合わせ8人もの選手が現在FA宣言をし、各球団の争奪戦が始まっている。

 1番人気の投手は中田賢一(中日)だ。これまでプロ入り8年間で57勝と2ケタ勝利は1度だけではあるが、獲得球団に補償を伴わないCランクの選手であるため、地元のソフトバンク、巨人、阪神、ヤクルトの計4球団が獲得に名乗り出ている。

 1番人気の打者は片岡治大(西武)。俊足巧打の二塁手には楽天、オリックス、巨人、中日の計4球団が名乗りを上げている。

 外国人選手の契約状況は、オリックスで2年間勝負強い打撃で4番に座り続けた李大浩が金銭面で合意に至らず退団が決定。また阪神で4年間に渡り先発で活躍したジェイソン・スタンリッジも外国人枠の関係から退団が決定。同球団が韓国球界屈指の守護神である呉昇桓獲得を目指しているため、はじき出された格好となった。なおスタンリッジには楽天が興味を示している。

 その楽天はいまだに田中将大の去就がはっきりしない。というのも新ポスティング制度の合意がなかなかMLBとNPBそして選手会との間で進んでいないからだ。事態の長期化は、田中はもちろんのこと、入札金が入るはずの楽天球団、落札を目指すMLB球団すべてにとってデメリットとなるため、早期の決着を目指したいところだ。

 また各球団の戦力外選手たちによる第2回の合同トライアウトは22日にナゴヤ球場で行われる。

第3位 センバツ前哨戦!明治神宮大会始まる

―――高校野球

 各地区優勝校同士による“センバツ前哨戦”となる明治神宮大会・高校の部が16日開幕した。

 16日の第1試合は龍谷大平安(近畿/京都)が3回に河合泰聖主将のタイムリーなどで2点を先制すると、その後も優位に試合を進め、三重(東海/三重)に5-4で逃げ切り勝ち。第2試合は沖縄尚学(九州/沖縄)が4回から登板した久保柊人の好救援で粘ると、8回に同点に追いつき、9回には打線が一挙5点と爆発し、関東一(東京)に8-3で勝利した。

▲沖縄尚学・久保柊人

 17日の第1試合は今治西(四国/愛媛)が八戸学院光星(東北/青森)に5-1で勝利。八戸学院光星は前身の光星学院から続く東北勢3連覇(昨年は仙台育英が優勝)はならなかった。第2試合は岩国(中国/山口)が8回に相手3失策を突き5点を奪い6-4で白鴎大足利(関東/栃木)に勝利した。

 雨天などによる順延が無ければ20日の10時半から決勝戦が行われる予定。優勝した高校の地区にはセンバツ出場枠が1つプラスされる。

第2位 春・日本一の上武大が初戦敗退!

―――大学野球

 4年生にとっては最後の大会となる明治神宮大会・大学の部が16日開幕した。

 16日、今大会唯一の神宮第二球場開催となった福岡大(九州3連盟代表)vs八戸学院大(東北3連盟代表)には、福岡大の正捕手で4番そして主将というチームの大黒柱・梅野隆太郎(阪神ドラフト4位指名)が出場。梅野は1回のチャンスこそ凡退に終わるが、以降は3安打1本塁打の活躍で存在感を示す。だがチームは6回に5連打を浴びて5点を勝ち越され、2-6で敗戦。梅野は試合後、涙を浮かべながらも、「中身の濃い4年間で大きく成長ができた。もっと投手の良さを引き出せるようにしていきたい」と前を向き今後の抱負を話した。

 同じく16日に行われた神宮球場での試合では、大学球界屈指の内野手である三木亮(ロッテドラフト3位指名)を擁し、春には初の日本一に輝いた上武大(関東5連盟第二代表)が、近大工学部(中国・四国3連盟代表)に0−2で敗れる波乱が起きた。近大工学部は森原康平から松下和貴と繋ぎ、完封リレーで大金星を挙げた。

▲5回途中からの好救援で近大工学部の大金星に貢献した3年生左腕の松下和貴

 また中部学院大vs関西学院大の一戦は中部学院大・東谷優と関西学院大・宇都宮健太の壮絶な投げ合いで0-0のまま延長タイブレークに。ここで中部学院大が連打で2点を先制すると、7回の守備でライトから好返球をしてピンチを救った上西主起がダメ押しの3ラン本塁打で試合を決め、5−0で中部学院大が勝利した。一方、関西学院大は宇都宮が9回まで毎回の16奪三振(大会歴代4位タイ)と好投したものの涙を呑んだ。

▲本塁打を放った上西主起(写真左)

 17日に行われた試合では、明治大(東京六大学代表)が山俊と坂本誠志郎の2人による2ラン本塁打で道都大(北海道2連盟代表)4-1と快勝も、投手陣と4番・岡大海(日本ハムドラフト)がピリッとせず、善波達也監督は「準決勝まで1日空くのでしっかり修正したい」と気を引き締めた。

 亜細亜大は開幕戦に勝利した八戸学院大と対戦。亜細亜大は1番の藤岡裕大、2番の北村祥治、5番の嶺井博希(DeNAドラフト3位指名)がそれぞれ3安打と活躍し(北村は1本塁打)、投げては九里亜蓮(広島2位指名)が7回まで12奪三振を奪い、最後は山ア康晃が三者連続三振で締め、8−0の8回コールドで圧勝した。

 雨天などによる順延が無ければ、決勝戦は20日の13時から神宮球場で行われる予定となっている。

第1位 ファン感謝祭

―――NPB

 今週23日には中日、オリックスを除く10球団で「ファン感謝祭」が開催される(中日は30日に開催)。

 17日に全12球団の先陣を切って行われたオリックスのファン感謝祭では、もはや各球団の恒例となった女子ソフトボールチームとの対決を行い、北京五輪金メダルの立役者となった鉄腕・上野由岐子擁するルネサスエレクトロニクス高崎と対戦した。結果は4-0で高崎が勝利した。

 ソフトバンクは選手によるファッションショーを開催。「特設ステージを使ってファッションショーを実施します。4つのシーンでのファッションを選手が着こなします。」(公式HP)とのことだ。

 今季見事日本一に輝いた楽天は「東北ろっけんピック2013」を開催。選手とファンが東北6県それぞれのチームに分かれ、玉入れや駅伝リレーを通じ交流を図るようだ。なお楽天球団は、10日の時点で「過去最速のペースで完売した」と発表した。

 西武は「選手プロデュース“スペシャルエキシビション”」と題し、走塁・投球・本塁打で選手たちが対決し、プロのスキルを堪能してもらう企画や、「フライキャッチ&中継プレー体験」などファンがグラウンドに降り立ち野球を楽しめるイベントを行う予定だ。

ロッテは「じぇじぇじぇ!おもてなしするなら今でしょ!感謝を倍返し」という流行語てんこ盛りのサブタイトル。大運動会やものまねコンテストなどを行う予定だ。

 セ・リーグでは巨人が今年も特別試合を行う予定。対戦相手は伏せられているが、過去にはSMAP・中居正広らが登場したこともあり、今年も豪華ゲストに期待がかかる。

 DeNAはイベント内で、ただのトークショーではなく「番長を囲む会〜2013年 反省編」を開催。「番長こと三浦大輔選手を囲んで、2013年シーズンの反省会を行います。無礼講で言いたい放題!」(公式HP)とのことだ。他にはふれあいノックなどを行う。

 ヤクルトは定番のイベントに加え、「東京のゆるキャラが大集合!『TOKYO マスコット COLLECTION 2013』」や「バレンティン日本新記録ミュージアム」など今年も趣向を凝らしたイベントやブースでファンを楽しませる。

 今年最後のプロ野球選手を間近で身近に感じられるイベントにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

※イベントの詳細・チケット情報、中継予定などは当該ホームページをご確認ください。一部球団では既にチケットや整理券が販売・配布終了となっているところもあります。


■プロフィール
文=高木遊(たかぎ・ゆう)/1988年、東京都出身。幼い頃よりスポーツ観戦に勤しみ、東洋大学社会学部卒業後、スポーツライターとして活動を開始。昨年は東都大学野球春・秋1部全試合を取材。大学野球を中心に、アイスホッケー、ラグビー、ボクシングなども取材領域とする。高木遊の『熱闘通信』随時更新中(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/buaka/)twitter(@you_the_ballad)


女子野球関連

第3回女子野球ジャパンカップの結果
優  勝:ディオーネ
準 優 勝:アストライア
ベスト 4:フローラ、埼玉栄高

「ティアラカップ」女王決定戦の結果
初代女王は「アストライア」

※詳しくは女子プロ野球公式HPをご覧ください。


アマチュア野球スケジュール

☆高校野球☆
☆明治神宮大会に出場した各高校

北海道大会…優勝:駒大苫小牧
東北大会…優勝:八戸学院光星
関東大会…優勝:白鴎大足利

東京都大会…優勝:関東一
北信越大会…優勝:日本文理

東海大会…優勝:三重
近畿大会…優勝:龍谷大平安

中国大会…優勝:岩国
四国大会…優勝:今治西
九州大会…優勝:沖縄尚学

★大学野球★
★明治神宮大会に出場した各大学

北海道二連盟代表:道都大
東北三連盟代表:八戸学院大

関東五連盟代表:桐蔭横浜大、上武大
東京六大学リーグ:明治大

東都大学リーグ:亜細亜大
北陸・東海三連盟代表:中部学院大

関西五連盟代表:
 大阪商業大、関西学院大
中国・四国三連盟代表:近畿大工学部
九州三連盟代表:福岡大

◎社会人野球◎
第39回 社会人野球日本選手権
新日鐵住金かずさマジックが優勝


【その他野球情報】

開催中〜 アジアシリーズ@台湾
11月22日 第2回合同トライアウト@ナゴヤ球場
11月22日〜24日 15Uアジアチャレンジマッチ2013@坊っちゃんスタジアム、マドンナスタジアム
11月23日 中日、オリックスを除く10球団のファンフェスタ・ファン感謝デーが開催
11月30日 中日のファン感謝デー
12月27日〜29日 12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2013@札幌ドーム
〜小学5、6年生による12球団ジュニアチームNo.1決定戦〜

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方