週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

3回表:「野球やってるんだって?」

◆この連載は高校時代を“女子球児”として過ごした筆者の視点から、当時の野球部生活を振り返るコーナーです。


 ブラスバンド部を辞め、しばしの準備期間を経た1年生の冬、私はついに野球部へ入部した。もちろん、プレーヤーとして女子が入るのは初めてのこと。正直なところ、みんな戸惑っていたと思う。

 冬の練習は、肩やヒジにかかる負担を考慮して一切ボールを触れずに行う。走り込みやウエイトトレーニングで基礎体力をつけるのだ。私も、重いバーベルやダンベルを必死に持ち上げた。運動部に入らなければ、手にする機会はまずなかっただろう。

 そして週に2回、校舎の周りをひたすらランニングする“外周”という日があった。この練習には規定タイムがあり、校門のところでマネージャーがストップウオッチで計っている。走ることが嫌いな私にとって、“外周”の日は朝から憂鬱だった。野球好きを外せばただの運動音痴。本当にきつかった。

 それでも、日々続けていればある程度の成果は出るものだ。ブラスバンド部のときはビリに近かったマラソン大会で、翌年は順位が300位ほど上がった。

 春が近づき、グラウンドでの練習が再開される。買ったばかりのグラブ、スパイクを身につけ、硬球に触れるとまた新鮮な気持ちになった。

 キャッチボールとバッティング練習、内野ノックに交ぜてもらう。指示されたポジションはセカンド。一塁に最も近いから、という理由だった。

 私が野球部に入ったという話は、少しずつ校内に広まっているようだった。あるとき階段ですれ違いざまに呼び止められ、振り返ると面識の薄い先生がこちらを見ている。

「清水、野球やってるんだって?」

 授業以外で直接話したこともなければ、名前を覚えられているとも思わない。予想外すぎて一瞬固まった。慌てて「そうなんです…」と答えると、ニヤリと笑われる。
「がんばれよ」

 そう言い残して去っていく背中を、不思議な感覚で見送った。

 声を掛けてくれるのは先生だけではなく、クラスメイトからも度々訊かれた。

「どうして野球部に入ったの?」

 理由はひとつしかない。

「野球が好きだから」

 訊ねられるたびに困っていたが、そう回答することにした。簡潔すぎて、彼女らの納得する答えにはなっていなかったかもしれない。

 でも、それが正直な気持ちだった。



〈つづく〉


文・イラスト=清水はるか(しみず・はるか)/元・高校球児の女性イラストレーター。都立高の硬式野球部出身。日本のプロ野球(主にパシフィックリーグ)が好きで、シーズン中は関東の球場に頻繁に出没。野球の絵本にチャレンジ中。
ブログ(http://mizuhalu.jugem.jp/)もやってます。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方