週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 千葉みどころ】上を目指せる投手が多く覇権争いは熾烈 遊撃手陣に捕手・古谷に2年生も熱い!

投手編〜絶対的なエースたちの集大成

横山陸人
 センバツ準優勝の立役者・飯塚脩人(習志野)はすっかり自信をつけ、風格たっぷりのマウンド姿になった。ピンチには150キロ近いストレートを投げ込み、勝負強い投球に磨きがかかった。2年生左腕の山内翔太は、名将・小林徹監督の信頼が厚く、キレのいいストレートを見せ球に、変化球を低めに集めるスタイルで試合をコントロールする。

 今春、最も脚光を浴びた速球派サイドハンド・横山陸人(専大松戸)は最速146キロのストレートを中心にテンポよく投げ込む。強力二枚看板の相棒・杉田智也は独特のテークバックから常時140キロを計測する右の本格派でもあり、制球力も抜群。2年生左腕・西村卓真も将来性がある。

 昨夏1年生ながら大舞台を経験し、世代を代表する投手に成長した篠木健太郎(木更津総合)は、球速以上に感じるストレートと高速スライダーが武器。エース番号を背負う本格派右腕・根本太一は、調子を崩しているが、夏に向けて復調の気配が少しずつ出てきた。2年生左腕の吉鶴翔瑛はやや伸び悩み中だが、好素材だ。

 畔柳舜(中央学院)は体のキレが出てくれば、大化けも可能な本格派。同校に入学したばかりの細谷玲央は、すでに大物の雰囲気を醸し出している。角度のあるストレートが特にいい。
 杉田翔夢、根本優輝(ともに成田)の両輪にも注目。特に大型2年生の根本は伸び盛りで、さらなる成長に期待したい。

 他にも好素材の投手が粒揃い。大型サイドハンドで力強いストレートが持ち味の山越健司(千葉明
徳)、すでに140キロを超えている2年生の箱山優(日体大柏)、最速138キロの左腕で打撃センスもある2年生・千葉汐凱(千葉黎明)、昨秋の優勝投手で球の出所がわかりづらい佐々木新(拓大紅陵)、独特のスライダーが武器で長打力もある“二刀流”綾部郁海(我孫子)、キレで勝負する齋藤正貴(佐倉)らの飛躍にも期待している。

野手編〜下級生の遊撃手に逸材揃う

角田勇斗
 センバツで大きく成長した遊撃手・角田勇斗(習志野)が野手の筆頭候補。高いレベルで三拍子が揃う。奥川恭伸(星稜)から一発を放つなど打撃が開花した大型捕手・兼子将太朗、小柄ながらチームの“心臓”として躍動する根本翔吾は、侍ジャパンU-18代表に入ってもおかしくない好選手だ。

 毎年のようにタレントが揃う専松戸には核弾頭の小泉将貴、長打力がついたア大和、一発長打が魅力の丹呉響平、強肩強打の捕手・間中堅らがいる。春は当たりに当たった1年生の新戦力・吉岡道泰は左打席から長短打を連発する。

 太田翔梧は身体能力を生かしたプレーが目を惹き、小池柊稀(ともに木更津総合)はコンバートした捕手でもセンスを見せる。

 来年のドラフト候補捕手に名乗りを挙げた古谷将也、オールラウンダーで投手もこなす松本憲信は、ともに成田の2年生で来年も楽しみ。
 スピーディーなプレーで安打を量産する常世田翔太(銚子商)、長打力がある大竹隼平、スイング軌道が抜群の長岡秀樹(ともに八千代松陰)、嵜聖也(東海大市原望洋)は破壊力がある。

大会展望〜3強中心も、やはり大混戦か?

千葉地区勢力ピラミッド
センバツ優勝、春の県大会も制した習志野が試合運びと経験で一歩リードも、関東大会4強で強力な投手2枚看板を擁するタレント集団の専大松戸、4年連続出場を目指し、春から夏への伸び率が高い木更津総合が肉薄する。
昨秋を制した中央学院、例年以上に総合力が高い成田、2季連続ベスト4で“黒潮打線”が復活気配の銚子商が追いかける。
春の雪辱に燃える強打の東海大市原望洋、悲願の甲子園に戦力充実の千葉明徳に、実績のある拓大紅陵、市柏も圏内だ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方