週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

File.068片腕連続腕立て



体幹を鍛える腕立て伏せ

■練習法/体幹強化に重きを置いた腕立て伏せ。両腕で腕立伏せを1度したあと、右手だけで体を支え、再び両腕で1回。次に左手だけで体を支え、両腕で1回。このリズムで腕立てを20回行う。

■狙い/「通常の腕立て伏せは精神的にきつい練習です。そのため、一定の回数を超えると精神力と持久力を養う練習になってしまう。これでは意味がありません」と話すのは美笹中の酒井監督だ。

 酒井監督の考えでは、「腕立て伏せは体幹トレーニング。姿勢を保とうとすることで、体幹が鍛えられる」。そこであえて姿勢を保つのが難しくなるように、片手で体を支える動きを入れた。回数は20回が限度。それ以上多くなると、形が崩れ、精神的な疲れも出るために「体幹強化」の狙いから外れてしまうという。

■注意点/片手で体を支えるときに、できるだけ姿勢を崩さないにしよう。






▲通常の腕立て伏せをしたあと、片手だけでバランスを保つ

どんな練習か動画でチェック!


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方