週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

現役引退表明した大物右腕は野手だった!大リーガーたちの高校時代を振り返る

熱戦を終えた甲子園大会。今後の注目は、8月28日(金)に開幕する「第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ2015」に集まっていく。
世界各国と対戦する、侍ジャパンU-18(高校)代表。近年は日本プロ野球を経験した後、海を渡る選手たちが格段に増え、世界の野球が身近になってきた。

ひと昔前は、甲子園出場が夢であれば、プロ入りもまた夢、さらにメジャーリーガーになることなど、想像もつかない時代もあった。
大会が終わったばかりの今、かつては甲子園を目指して高校時代を過ごした、日本人メジャーリーガーたちを振り返りたい。

野茂英雄(元ドジャースなど)


日本人メジャーリーガーのパイオニア的存在の野茂英雄が、甲子園に出場していないことは有名だ。野茂が在籍していた高校は、大阪府立成城工業高校。強豪ひしめく大阪府内で、野球ではほとんど注目されない高校だった。

甲子園出場は叶わなかった野茂の高校時代。しかし、野茂自身は大阪大会で、生野高校を相手に完全試合を達成している。しかも2年生でこの偉業を達成しており、当時から大器の片鱗をみせていたのだ。


イチロー(マーリンズ)


野手としてメジャーへの道を切り拓いたイチロー(当時は鈴木一朗)は、愛工大明電高校時代の1990年夏と1991年春に甲子園出場。いずれも初戦敗退で、個人成績はそれぞれ4打数1安打、5打数ノーヒット、通算打率.111という結果に終わっている。

イチローは、春のセンバツでは投手として甲子園のマウンドに登っている。9回を投げて被安打10、奪三振4、失点3で負け投手となってしまった。

斎藤隆(楽天)



先日、今季限りでの現役引退を表明した斎藤隆(楽天)は、野手から投手に転向した珍しい経歴の持ち主だ。東北高校時代は3年生時に甲子園に出場。5番一塁でスタメン出場して、2安打を放っている。

日米通算112勝139セーブを挙げた斎藤が、投手に転向したのは東北福祉大に入学してから。プロ生活を24年目も続けることができたのは、高校時代に肩を消耗しなかったから、という見方もある。

ここに挙げた3人は、間違いなくメジャーリーグで成功を収めた人物だ。経歴はそれぞれ異なるものの、高校時代から野球に打ち込み、努力を重ねて成功したことを忘れてはならない。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方