週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2015年野球界よもやまアンケート〜アストロ、尾関雄一朗の場合〜

アストロ
1973年生まれ、徳島県出身。熊本を根城とし、九州全域はもとより中国地区まで渡り歩き有望選手を探す。大学時代は軟式野球部の監督兼選手として全国準V。

1・セパそれぞれの順位予想
【パ・リーグ】
1位・オリックス
2位・日本ハム
3位・ソフトバンク
4位・ロッテ
5位・楽天
6位・西武

【セ・リーグ】
1位・広島
2位・巨人
3位・阪神
4位・DeNA
5位・中日
6位・ヤクルト

2・順位予想の理由

【パ・リーグ】
 昨季、惜しくも優勝を逃したオリックスが、中島裕之や小谷野栄一の内野手、4番候補のブランコに右腕のバリントンなど大型補強に成功し、ストーブリーグの時点でも話題となっている。あとはチーム内の活性化がうまく機能すれば、一気に優勝を狙える。

 逆に糸井嘉男(オリックス)など主力選手を放出しても、毎年のように選手が台頭する日本ハムや昨年日本一となったソフトバンクも優勝戦線に絡んでくる可能性が高い。さらにロッテ、楽天、西武も投打のバランスが取れており、抜け出す力はある。

【セ・リーグ】
 広島は球界を代表する前田健太、昨年の新人王に輝いた大瀬良大地らの投手陣に、菊池涼介と丸佳浩の「キクマルコンビ」など野手陣の台頭も著しい。そんな戦力の充実に加え、社会現象にまでなりつつある「カープ女子」などの人気も相まって一気に上り詰める気配がある。

 とはいえ、昨年セ・リーグを制した巨人や日本シリーズに進出した阪神が、優勝戦線に加わることが予想され、勝率5割に達せなかった中日、DeNA、ヤクルトも猛チャージをかけてくるだけに、熾烈な戦いが期待できる。

3・今年注目のプロ野球選手
☆杉内俊哉(巨人)
☆松井裕樹(楽天)
☆浜田智博(中日)


 今年の注目というより、奮闘に期待をしたいが左の先発投手だ。というのも、2014年セパ両リーグの勝利数ベスト5を見ても、左投手が1人もランクインされていない。パ・リーグに限っては、10位以内に9勝11敗の成瀬善久(ロッテ→今季からヤクルト)しかいないのだ。近年では2010年の和田毅(当時ソフトバンク)や2011年、2012年の内海哲也(巨人)という左腕が最多勝をマークしているだけに、この結果は少々寂しい気もする。

 そんな中“もうひと暴れ”に期待したいのが、杉内俊哉(巨人)だ。2005年には沢村賞などの数々のタイトルを獲得。2012年からは3年連続で2ケタ勝利をマークしており、安定感と経験値がある。今年で35歳となるが、味のある投球術でのタイトル奪取は球界の刺激にもなるはずだ。

 そして忘れてはならないのが、2年目の松井裕樹(楽天)だ。ルーキーイヤーとなった昨年は制球力不足もあって、初勝利を挙げるまでに、もがき苦しんだ。それでも自らのバロメーターでもある奪三振率も高く、自身のスタイルを貫いた。今季も2年目のジンクスなんて物ともしない投球に期待したい。さらに新人の浜田智博(中日)にも要注目だ。スッと球が出てくる変則であり、日本球界にはいないタイプ。本人曰く変則の本格派を目指しているというだけに面白味もある。

▲九州産業大時代の浜田智博

尾関雄一朗
1984年生まれ、岐阜県出身。新聞記者を経て、現在は東海圏の高校、大学、社会人を精力的に取材している。絶大なネットワークを持ち、多くの「隠し玉選手」を発掘、そのつど『野球太郎』誌面で発表している。

1・セパそれぞれの順位予想
【パ・リーグ】
1位・ソフトバンク
2位・オリックス
3位・日本ハム
4位・ロッテ
5位・楽天
6位・西武

【セ・リーグ】
1位・巨人
2位・中日
3位・DeNA
4位・ヤクルト
5位・広島
6位・阪神

2・順位予想の理由

【パ・リーグ】
 パ・リーグはソフトバンクの戦力が充実しているし、オリックスも球団として強化が実を結んできた印象。この「2強」でペナントレースが進みそうだ。

 日本ハムは田中賢介が戻ってきたのがポイント大。ロッテは今季からチームに加わった落合英二投手コーチの力量に一年目から期待したい。とにかく中日時代の地元・名古屋では落合コーチの評判がよい。楽天はミコライオが加入し、十分CS圏内にはある。西武は投手も野手もコマ不足で、外国人選手次第か。

【セ・リーグ】
 セ・リーグは「1強」。今年も巨人が他を引き離しそうだ。ただ残る5チームの順位付けは難解で、何を基準にするか次第。DeNAはグリエルが残留。昨年活躍した三上朋也はもちろん、柿田裕太、山ア康晃ら若手投手陣の活躍も期待できそうで、そろそろCSに手が届くところまできているのではと思う。ヤクルトは成瀬善久の加入分をプラス評価。広島は緒方孝市新監督の厳しいスタイルがどちらに転ぶかだが、新監督の初年度はマイナス要素とするのが筆者の趣味なのでこの位置。

3・今年注目のプロ野球選手
☆大谷翔平(日本ハム)
☆濱田達郎(中日)
☆森友哉(西武)


 どんどん夢が膨らんでいく大谷翔平。投手として活躍するのは明白だから、打者として30本塁打、あるいは規定打席に到達して打率3割マークできるか興味がある。できればタイトルを獲ってほしい。

 大谷とともに高校時代、「高校生BIG3」と称された濱田は、今年が今後を占う“分かれ目”の年になりそう。昨年1軍デビューし、先発で4連勝するなど5勝をマークした。中日にとって濱田の出現は明るい話題だったし、名古屋市で生まれ育った濱田が地元ファンの心にしっかり根付いたのは大きい。ただ、後半は勢いが落ち、8月26日に左ヒジ靭帯損傷で戦列を離れた。ケガが原因で今後“普通の投手”になってしまうのか、それとも将来の中日を背負うべくエースとして飛躍するのか。

 また、大谷・濱田の1学年下にあたる森友哉は、高卒1年目の昨年6本塁打をマークしたが、「2年目のジンクス」どころか、プロの水に慣れた2年目に大活躍しそうな気配プンプンだ。



(※このアンケートは鳥谷阪神残留が決定する前に書いています)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方